COLUMN

家づくりコラム

コラム

注文住宅で値引き交渉はできる?失敗しないポイントと費用を安く抑えるコツも紹介

注文住宅で費用を抑えるポイント

>施工事例 ローコストでも妥協ゼロのナチュラルテイストのお家

注文住宅は、自身の決めた間取りや設備、外観に仕上げることができるため、 自身の理想通りのマイホームが手に入るのが魅力です。

しかし、その反面大きな費用がかかるため、「できるなら値引き交渉をしたい…」と考える人は多いでしょう。

結論から言うと、注文住宅でも値引き交渉をすることは可能です。

ですが、慎重に進めなければ、交渉が失敗するだけでなく、ハウスメーカーとの関係悪化にもつながりかねません。

そこでこの記事では、注文住宅での値引き交渉は慎重に行うべき理由と、値引き交渉で失敗しないためのポイントについて解説していきます。

ライン

このコラムのポイント

  • 注文住宅での値引き交渉は慎重に進めるべき理由を解説します
  • 注文住宅での値引き交渉で失敗しないためのポイントを解説します
  • 注文住宅の費用を安く抑えるコツを紹介します
ライン

【注文住宅で値引き交渉は可能】ただし慎重に進めるべき

注文住宅を建てる際、値引き交渉をすることは可能ですが、慎重に進める必要があります。

主な理由は、次の2つです。

  • そもそも注文住宅での値引きは難しい
  • ハウスメーカーからクレーマーと見なされる場合もある

そもそも注文住宅での値引きは難しい

そもそも、注文住宅での値引きはかなり難しいとされています。

例えば、同じ戸建て住宅の「建売住宅(新築分譲住宅)」は、すでに完成していたり、建てる予定が決まっていたりする住宅を売る性質上、ハウスメーカーは決められたスケジュール通りに家が売れないと大きな損失になります。

そのため、建売住宅は値引き交渉がしやすい場合が多いです。

しかし、注文住宅は顧客から注文を受けたのちに一から作るものなので、売れ残るという概念自体がありません。

ゆえに、ハウスメーカー側から値引きを行うことはほとんどなく、仮に顧客から値引きをされても対応が難しいケースが多いのです。

ハウスメーカーからクレーマーと見なされる場合もある

それでも、なんとか値引き交渉をしてお得に注文住宅を建てたいと考える方もいるでしょう。

しかし、強引な値引き交渉は、ハウスメーカー側から「クレーマー」とみなされ、思わぬトラブルの元となる可能性もあります。

しかも、最悪の場合、たとえ交渉前の金額に戻したとしても、ハウスメーカー側から契約を断られるケースもあるため、強引な値引き交渉はおすすめできません。

注文住宅の値引き交渉で失敗しないためのポイント

虫眼鏡

では、上記の事情を考慮した上で、どのようなことに気をつければ、値引き交渉で失敗せずに済むのでしょうか?

ポイントは次の2つです。

  • 複数のハウスメーカーで見積もりをとる
  • 値引き交渉は具体的な建築プランが出揃ってから行う

複数のハウスメーカーで見積もりをとる

値引き交渉を検討している場合、1社に絞らず複数のハウスメーカーに見積もりを取ってもらいましょう。

このとき、なるべく具体的な建築プランと詳細な見積書を作ってもらうのがポイントです。

こうすることで、費用の比較ができ、なおかつ特定のハウスメーカーの言い値で費用を請求されることを防げます。

また、ハウスメーカー側も相見積もりをしていることを把握すれば、他者と比較されることを踏まえてより良い建築プランを提示する必要が出てくるので、少々の値引き交渉であれば応じてもらいやすくなるかもしれません。

値引き交渉は具体的な建築プランが出揃ってから行う

値引き交渉は、具体的な建築プランが出揃った段階、すなわちハウスメーカーとの契約前がベストタイミングです。

仮に、概算見積もりの段階で値引き交渉を行った場合、後に追加費用が発生して値引き交渉がうまくいかないケースが多いです。

また、建築プランの詳細が曖昧な状態で値引き交渉をしてしまうと、値引きと同時に建物のグレードを下げられたり、値引き後にさまざまな理由をつけて費用を上乗せされたりする可能性もあります。

そのため、値引き交渉を行うのは、具体的な建築プランや、追加費用等を含めた詳細な費用が判明してから慎重に行うようにしましょう。

注文住宅の費用を安く抑えるコツ

予算の内訳を把握する

ここまで、注文住宅での値引き交渉は可能ではあるが難しい実態と、失敗しないためのポイントを紹介してきました。

最後に、値引き交渉以外で注文住宅の建築費用を抑えるためのコツを紹介していきます。

  • セミオーダー住宅を検討する
  • オプションを見直す

>関連コラム:注文住宅にかかる費用の内訳|費用を抑えるポイントも解説

>関連コラム:理想の注文住宅を予算内で叶える方法|プランの決め方と比較のコツ

セミオーダー住宅を検討する

注文住宅の建築費用を抑えたいときは、セミオーダーでの設計を検討してみましょう。

セミオーダー住宅とは、いくつかの間取りパターンの中からベースとなるプランを選んで家づくりをするもので、注文住宅のように自分の好きな間取りで家を建てることはできませんが、ある程度の自由度は確保されているのが特徴です。

セミオーダーにすることで、注文住宅よりも建築費用を抑えることができ、かつ100%ではなくとも好きな間取り・内装・デザインにすることもできるため、おすすめの方法と言えるでしょう。

オプションを見直す

予算を抑えたい場合は、追加したオプションが本当に必要か見直してみましょう。

例えば、家を効率的に温められる床暖房は、家族が多い家庭では大変役に立ちますが、子供たちが巣立ってからは夫婦二人暮らしになってしまったため、ほとんど使用しなくなったというケースはよく聞かれます。

しかも、床暖房はメンテナンス費用も高額なため、使う頻度が少なくても多くの費用がかかることになります。

こうした、ライフスタイルの変化や長期的なコストも考慮し、オプションの見直しをしてみてください。

まとめ

注文住宅

今回は、注文住宅での値引き交渉は慎重に行うべき理由と、値引き交渉で失敗しないためのポイントについて解説しました。

注文住宅での値引き交渉自体は不可能ではありませんが、実際に行う場合は慎重に進めることが大切です。

また、値引き交渉の結果はケース・バイ・ケースなので、交渉したからといって必ず成功するとも限りません。

それに、強引な値引き交渉はハウスメーカー側との関係悪化を引き起こし、最悪の場合契約を断られることにもつながります。

ですので、値引き交渉はあくまで費用を抑える一つの手段として考え、オプションの見直しなど、他の方法も活用して費用の交渉を行うようにしてください。

弊社アクティブハウスでは、企画型注文住宅の自由設計をもって、ご家族の生活にあった家づくりをお手伝いします。

モデルハウスの見学会も行っていますので、実際の家をご覧いただきながら、ぜひ家づくりについての理想をお聞かせ下さい。

モデルハウス予約

愛知・千葉で企画型注文住宅をお考えの際は、アクティブハウスにご相談ください

愛知県、千葉県でローコスト注文住宅を建てるならアクティブハウス

愛知・千葉で、企画型注文住宅をお考えの方は、ぜひアクティブハウスにご相談ください。

  • 使い勝手のいいキッチンをつくりたい
  • 毎月の支払いが、今の家賃より安い家を建てたい
  • 家を建てたいけど、全くイメージがもてない
  • 家族構成に合った家づくりの提案をしてほしい
  • 丈夫で過ごしやすい家にしたいけど、お金はかけたくない
  • 今どきのオシャレな家に住みたい

お客様のさまざまな要望にお応えいたします。もちろん、「まずは話を聞いてみたい」という方も大歓迎です。

アクティブハウスでは、企画注文住宅の全てがわかる資料をご用意しています。

もっと詳しく知りたいと思ってくださった方は、ぜひ手に取ってご確認ください。

資料請求
Supervision

東京・千葉・愛知の企画型注文住宅 アクティブハウス

建設業許可番号

特定建設業許可 許可番号 国土交通大臣許可(特-1)第25561 号