COLUMN

家づくりコラム

コラム

【規格住宅とは?】7つのメリット・3つのデメリットを解説│建築実例も紹介します

【規格住宅とは?】7つのメリット・3つのデメリットを解説│建築実例も紹介します

>施工事例:規格が決まっている住宅の魅力とは?(一宮モデル)

マイホームを検討するとき、注文住宅と建売住宅とで悩む人がいます。「自由度の高い注文住宅、でも建築費用が高額に…。」「購入費用は安価だけど、もっとこだわった間取りにしたい建売住宅…。」

この2つの悩みを解消できる可能性があるのは「規格住宅」です。

規格住宅は、一定のルールの中であれば自由に間取りを決められるスタイルで、建築費用を抑えながら、ある程度自由な間取りを実現できるメリットがあります。
本記事では、そんな規格住宅について「7つのメリットと3つのデメリット」を解説します。

規格住宅の特徴を掴んで、安価に満足できる住宅を手に入れましょう。

ライン

コラムを読んでわかること

  • 規格住宅を建築することで感じる「メリットとデメリット」が分かる
  • 規格住宅の事例を確認できる

ライン

目次
規格住宅を建築する7つのメリット
規格住宅を建築する3つのデメリット
規格住宅のおしゃれな建築事例2選
まとめ│規格住宅の特徴を把握しよう

規格住宅を建築する7つのメリット

はじめに、規格住宅を建築することで得られるメリットを紹介します。現在抱えている住まいへの悩みを解消できる可能性があるので、ぜひ特徴を掴んでください。

建築費用を抑えられる

建築費用を抑えられる

規格住宅を選択する最大のメリットは「建築費用を抑えられること」です。

設計の段階では、間取りがある程度定まっているので、打ち合わせの回数を減らせるとともに図面作成などの手間を大幅に省けます。さらに建築の段階では、使用する材料が限られ特殊な寸法の部材もないので、建築にかかる手間も減らせます。

結果として人件費を抑えられるので、建築費用も削減できるのです。

>関連コラム:「注文住宅を安くする方法を知りたいんだけど…」節約ポイントは3つ

建築価格を早めに確定しやすい

最終的にどの程度の費用を要するのか、知りたい人も多いでしょう。規格住宅は特殊な間取りや部材を使用しないことから「坪数×坪単価」の計算の制度が高まり「早い段階で建築費用を確定させやすい」特徴を持ちます。

早めに建築費の目安が分かれば予算の調整もしやすくなるので、資金面で安心感を持ちながら家づくりを行えるでしょう。

間取りや仕様で大きな失敗をしづらい

間取りや仕様で大きな失敗をしづらい

規格住宅は一定のルールに従い設計・建築されるため「間取りや仕様の大きな失敗をしづらい」点もメリットといえるでしょう。

フルオーダーの注文住宅の場合、尖った設計はお手のものですが、年齢や家族構成に変化があったとき、不満を感じてしまうかもしれません。対してルールに則った規格住宅なら、マイルドな間取りになり万人が住みやすい家になってくれるでしょう。

>関連コラム:3人家族の戸建て間取り事例|暮らしやすい間取りアイデア

一定の決まりがあるため間取りを確定しやすい

注文住宅を選んだ人が後悔を感じる原因のひとつに「打ち合わせ回数が多く疲れてしまった」というものがあります。自由度が高すぎるために、細かなところまで決める必要があるのです。

規格住宅であれば、一定度の選択肢から選択していくために「大きな労力をかけずに間取りや仕様がスムーズに決まっていく」でしょう。

工期が短めで、予定工期がずれにくい

一定の決まりがあることは、全体の工期にも好影響を及ぼします。先述したとおり、規格住宅では間取りや仕様がスムーズに決まりやすく、さらに特殊な工法を利用しないために「施工期間も短め」です。

また、注文住宅の場合は複雑な工事が行われ、複数の業者が入り乱れるため工期の遅延が起きやすい一方で、規格住宅の場合「予定工期がずれにくい」です。

転勤、または子どもの入学に間に合わせたいなど工期を短くしたい人にとって、規格住宅は強い味方になります。

耐震性の高い住宅を建てやすい

>施工事例:シンプルな間取りで耐震性に強い規格住宅(愛知県豊田市)

>施工事例:シンプルな間取りで耐震性に強い規格住宅(愛知県豊田市)

先述したとおり、規格住宅は一定のルールの中で設計を行います。ルールを守ることで、複雑な間取りを避けることにつながるので、自然と「耐震性の高い住宅を建てやすい」点もメリットに挙げられます。

シンプルな構造の住宅は地震に強いことに加えて、雨漏りを起こしにくい。屋根の再塗装などメンテナンスを行いやすいといったメリットにつながります。結果としてランニングコストも軽減されることも知っておきましょう。

規格住宅を建築する3つのデメリット

>施工事例:規格住宅で実現するおしゃれな生活(みよしモデル)

>施工事例:規格住宅で実現するおしゃれな生活(みよしモデル)

ここまで規格住宅のよい点を紹介しましたが、当然デメリットも内包しています。知ることで対策も考えられるので、規格住宅を検討中なら覚えておきましょう。

フルオーダーの注文住宅ほど自由度は高くない

1つ目の注意点は「フルオーダーの注文住宅ほどは自由度が高くないこと」です。

注文住宅と聞くと、間取りや仕様の細かな点まで施主が決められて、思い通りの家が作れるイメージがあります。しかし規格型の注文住宅は、ある程度準備された間取りから選択したうえで、要望を元に間取りを変化させたり追加する場合が多いようです。

建築費用を抑えるためには、一定度の制限を受けるのは仕方がないことですが、デメリットとして認識しましょう。

変形敷地・狭小敷地の場合断られるケースも

間取りに制限がかかることから「変形敷地や狭小敷地での建築を断られる」場合もあるようです。特に変形敷地の場合は、土地に合わせて建物の形を決めると建物が斜めになってしまうこともあり、規格住宅のルールから逸脱してしまいます。

ルールの中で建築することで、設計・施工にかかる時間と費用を節約できる規格住宅を建てるなら、土地探しの段階で規格住宅のハウスメーカーを探しておくことが大切です。

>関連コラム:買わないほうがいい土地の特徴9選│土地の後悔を避けるコツ3選

仕様外の設備を使うと割高になる

規格住宅では、間取りに加えてキッチンや浴室などの設備も標準仕様が決められています。標準仕様を決めることで、同一商品を大量に発注することとなり、設備1つあたりの単価を大幅に下げられるのです。

もしも設備にこだわりがあり、ハウスメーカーの標準仕様以外の設備を選択してしまうとスケールメリットを活かせなくなってしまい、割高な費用を請求されてしまうでしょう。

「憧れのキッチンがある」「このメーカーのこの商品が使いたい」こうした強いこだわりがある人は、注文住宅と規格住宅とで吟味して選択しましょう。

規格住宅のおしゃれな建築事例2選

記事の終わりに、規格住宅で実現したおしゃれな注文住宅の事例を紹介します。リンク先では詳しい間取り図も掲載しているので、気になったらもっと詳しく見てみてください。

広々としたLDKと収納量の多さが魅力的な規格住宅

>施工事例:大切なペットと一緒にのんびりと過ごせるお家(愛知県みよし市)

愛知県みよし市で建築された本事例は、19.5帖の広々としたLDK、そして一階二階各所に設けられた豊富な収納が特徴的な住宅です。

玄関先のクローク、階段下収納など、分散して収納を準備することで、ワンちゃんネコちゃんとくつろげる広々としたLDKを実現できています。

>施工事例:大切なペットと一緒にのんびりと過ごせるお家(愛知県みよし市)

53.61坪。6人で暮らす大きな家。

>施工事例:家族に合わせて変えられる間取りとこだわりの中庭(愛知県一宮市)

愛知県一宮市に建築された注文住宅は、53.61坪と十分な広さを確保しています。これだけの床面積を確保しつつ3,050万円という価格に抑えられているのは規格住宅のコストパフォーマンスならでは。

間取りを常に変化させられるよう、二階の間取りは可変性を持たせている点が特徴的です。

>施工事例:家族に合わせて変えられる間取りとこだわりの中庭(愛知県一宮市)

まとめ│規格住宅の特徴を把握しよう

>施工事例:失敗の少ない規格住宅で納得の家を実現(木更津モデル)

>施工事例:失敗の少ない規格住宅で納得の家を実現(木更津モデル)

規格住宅で一体どんな住まいづくりができるのか、メリット・デメリットを解説することで紹介しました。

建築費用を抑えながら一定の自由度を持つ間取りを実現できるため、多くの人にとって規格住宅はおすすめできる建築方法です。しかし、デメリットに示したとおり、おすすめできない人がいることも確かです。

あなたの目指す住まいづくりと規格住宅の特徴が合致するかを考えて、理想の注文住宅を建築しましょう。

 

 

弊社アクティブハウスでは、企画型注文住宅の自由設計をもって、ご家族の生活にあった家づくりをお手伝いします。

モデルハウスの見学会も行っていますので、実際の家をご覧いただきながら、ぜひ家づくりについての理想をお聞かせ下さい。

子育てしやすい間取りについても、これまでの経験を活かしご提案させていただきます。

 

モデルハウス予約

 

愛知・千葉で企画型注文住宅をお考えの際は、アクティブハウスにご相談ください

愛知県、千葉県でローコスト注文住宅を建てるならアクティブハウス

ローコストでありながら、注文住宅のような自由度のある企画型注文住宅。

愛知・千葉で、企画型注文住宅をお考えの方は、ぜひアクティブハウスにご相談ください。

  • 使い勝手のいいキッチンをつくりたい
  • 毎月の支払いが、今の家賃より安い家を建てたい
  • 家を建てたいけど、全くイメージがもてない
  • 家族構成に合った家づくりの提案をしてほしい
  • 丈夫で過ごしやすい家にしたいけど、お金はかけたくない
  • 今どきのオシャレな家に住みたい

 

「住宅ローンや土地探しもしていないけど、取り合えず話を聞いてみたい」そんな0からのスタートにもお役に立ちます。

ローコストを実現できているのは、プランを設定することで大幅なコストカットができているからです。

 

さらに土地探しから建築、アフターサポートまでを自社がまとめて対応、共同ネットワークによる仕入れ値の引き下げ。

ローコストでありながら、耐久性が高く快適な住まいづくりをお約束します。

 

アクティブハウスでは、企画注文住宅の全てがわかる資料ご用意しています。

もっと詳しく知りたいと思ってくださった方は、ぜひ手に取ってご確認ください。

資料請求

Supervision

東京・千葉・愛知の企画型注文住宅 アクティブハウス

建設業許可番号

特定建設業許可 許可番号 国土交通大臣許可(特-1)第25561 号