COLUMN

家づくりコラム

リビングに収納がある間取り│新築計画に取り入れたい6つのアイデア

リビング

広いリビングを理想とするケースが多いので、リビングに収納をつくらない間取りは少なくありません。

しかしリビングに収納をつくらないと、物が出しっぱなしになったり、床に山住になったりと、逆に部屋を狭くしてしまうかもしれません。

収納のコツは、使用する場所に収納するスペースを整えることです。

リビングを広く快適な空間にするために、リビングで使用する物はリビング内に収納していきましょう。

今回はそんなリビング収納について深堀していきます。間取りのアイデアも6つご紹介するので、ぜひ新築計画にお役立てください。

 

ライン

コラムを読んでわかること

  • リビングに収納をつくるとどの様に生活が整うのか
  • リビングに収納すると便利な物
  • リビング収納に最適な間取り

ライン

 

目次
リビング収納をつくるメリット​​​
リビングの用途に合わせて収納品を決める​​​​
リビングに収納がある間取り│6つのアイデア
まとめ

 

リビング収納をつくるメリット

リビング

リビングに収納をつくるメリットを2つお伝えします。

リビングに限った内容ではありませんが、収納を整えることで生活がどのように変化するのか見ていきましょう。

 

必要なものをすぐに取り出せるので便利

リビングで利用する物をリビング内に収納しておくと、必要になったときにすぐに手に取ることができます。

例えばリビングでメモを取ろうとした際に、メモ帳とボールペンがリビングに収納してあると、すぐに書き留めることができます。

別の部屋に取りに行ったり、欲しいものを探す必要がありません。

 

リビングは家族全員が利用するスペースなので、収納場所を定着させて分かりやすく整理することが大切です。

たとえば収納棚にラベリングをしたり、BOXを利用して分類したり、さらには扉を付けない見せる収納もおすすめします。

リビングでどう過ごすかを考えて、必要なものはリビング内に収納しておきましょう。

 

お客様をいつでも迎えられる

リビングに必要な収納スペースを整えることで、いつもスッキリと片付いた状態を保ちやすくなります。

利用したものをすぐに収納できるので、物が床を占領したり、テーブルの上に置きっぱなしになることがないからです。

 

リビングは家族がくつろぐスペースですが、お客様を招く「客間」としての用途もあります。

急な来客があっても、気持ちよくリビングにお通しできると非常にスマートです。

必要な収納を整えて、いつでもお客様を迎えられる状態のリビングを保ちましょう。

 

リビングの用途に合わせて収納品を決める

リビングダイニング

リビング収納をつくるメリットについてお伝えしましたが、収納品に合わせた収納スペースをつくる必要があります。

重い物を高い位置に収納するのは危険ですし、小さなものを収納するのに広いスペースは必要ありません。

また使用頻度によって、収納品の取り出しやすさなども考慮する必要があります。

まずはリビングをどのように利用するのか、またその時に何が必要なのか把握していきましょう。

 

子どものおもちゃ

小さなお子さんの居るご家庭であれば、日中のリビングはお子さんの遊び場にもなります。

リビングにおもちゃの収納スペースがあると、お子さんが自由に遊ぶことができますし、子ども部屋から毎日運ぶ必要がありません。

おもちゃを収納するのは、お子さんも一緒に片付けができるように大きめのスペースを確保するのがおすすめです。

 

子どものお世話用品

日中はお子さんとリビングで過ごす時間がほとんどなので、お子さんのお世話用品も収納しておくと便利です。

オムツ替えに必要な用品やお昼寝グッズ、ガーゼやお着換えなど、お世話に必要なものをリビングに収納しておくことで、いざという時にお子さんから離れて別の部屋に取りに行く必要がありません。

カゴなどにまとめて、持ち運びできるようにしておくとさらに便利です。

 

子どもの学習用品

低学年の内はリビング学習をするお子さんが多いので、リビングに学習用品の収納スペースがあると便利です。

辞書や筆記用具、教科書などを収納しておくと、子ども部屋に行き来することなくすぐに宿題を始めることができます。

ランドセルの置き場所も作っておくと、朝の身支度も楽に済ませることができるでしょう。

 

スタディスペースの作り方ついては、別の記事で詳しくまとめているので、ぜひ参考にしてください。

関連記事:スタディコーナーの作り方│失敗に繋がりがちな6つのポイント

 

掃除道具

リビングを掃除する道具をリビング内に収納すると、ホコリやお子さんの食べこぼしを手軽に掃除することができます。

モップや掃除機は高さがあるので、立てかけて収納できるスペースを確保しておきましょう。

また充電式の掃除機は、コンセントを設置して収納スペース内で充電を済ませておくと、掃除をいつでも手軽にすることができます。

 

書類ファイル

生活をしていると、家電品の説明書や保証書、保険の証書や学校の通知など何かと書類が増えます。

このような書類をリビングで確認することが多いのであれば、リビング内に収納できるスペースをつくりましょう。

書類などは主にA4サイズ(220mm×310mm)が主流なので、ファイルやクリアケースに収納することを考慮して、一回り大きな収納があると便利です。

棚に奥行きがあり過ぎるとファイルが取り出しにくかったり、手前がデッドスペースになるので、書類に合わせた広さに整えましょう。

 

リビングに収納がある間取り│6つのアイデア

リビング

次にリビングに収納をつくる、具体的なアイデアをご紹介します。

チェストを設置するなどではなく、間取りに取り入れる必要があるアイデアばかりなので、ぜひ新築計画にお役立てください。

 

壁面収納

壁面収納とは壁一面に収納棚を設ける方法で、テレビボードと合わせてつくられることが多くあります。

既製品の壁面収納もありますが、新築時に造作するとフローリングなどの相性もよく、間取りにあったサイズに整えることができます。

引き出しをたくさん作れるので、細かな物を収納するのに便利です。

 

クローゼットを造作する

企画型注文住宅のリビング

クローゼットを造作すると天井までの収納をつくれるので、横幅をコンパクトにしても収納力は抜群です。

高さのある市販の棚を設置すると圧迫感を覚えますが、造作棚はインテリアに馴染みやすいので、リビングが狭く感じることはありません。

 

リビング階段の下

リビング階段の下のデッドスペースを利用すれば、大型の収納をつくることができます。

階段の勾配に合わせて高さをもたせることができるので、背の高い掃除道具やシーズンオフの家電品などを収納するのにおすすめです。

テーブルとボックス棚を造作して、スタディスペースにすることもできます。

 

小上がりの段差を利用した収納

リビング横の小上がり

リビング横に和室をつくる場合は、小上がり(段差のあるスペース)にして段差部分を収納スペースにしていきましょう。

小上がりの側面に引き出しをつけたり、小上がりの床部分を扉にすると大容量の収納がつくれます。

引き出しにすると取り出しも楽にできるので、お子さんのおもちゃなどを収納するのに便利です。

 

テレビの裏収納をつくる

テレビを設置する部分に壁を設けて部屋の壁との間にスペースをつくると、ウォークイン収納にすることができます。

テレビを設置する壁をアクセントウォールなどでデザインすると、リビングがおしゃれに仕上がるでしょう。

 

ニッチをつくって棚にする

企画住宅のリビング

ニッチとは壁の厚みを利用してつくる、へこみ部分のことです。

壁から出っ張ることなく収納を設けられるので、部屋を広く利用することができます。

奥行きは浅めにしかつくれないので、小物を収納したり、マガジンラックにするのがおすすめです。

 

まとめ

開放感のある4LDKのリビング

リビングに収納をつくると、必要なものをすぐ手に取ることができるので生活が便利になります。

また片付けがしやすくスッキリと整った状態を保つことができるので、急な来客にも慌てる必要がありません。

 

今回はリビングに収納をつくる間取りのアイデアを、6つご紹介しました。

リビングでどう過ごすか何が必要かを把握して、収納品に合わせたスペースをつくっていきましょう。

 

弊社アクティブハウスでは、企画型注文住宅の自由設計をもって、ご家族の生活にあった家づくりをお手伝いします。

モデルハウスの見学会も行っていますので、実際の家をご覧いただきながら、ぜひ家づくりについての理想をお聞かせ下さい。

リビング収納に最適な間取りについても、これまでの経験を活かしご提案させていただきます。

 

モデルハウス予約

 

愛知・千葉で企画型注文住宅をお考えの際は、アクティブハウスにご相談ください

愛知県、千葉県でローコスト注文住宅を建てるならアクティブハウス

ローコストでありながら、注文住宅のような自由度のある企画型注文住宅。

愛知・千葉で、企画型注文住宅をお考えの方は、ぜひアクティブハウスにご相談ください。

  • 利用しやすいスタディコーナーを作りたい
  • 毎月の支払いが、今の家賃より安い家を建てたい
  • 家を建てたいけど、全くイメージがもてない
  • 家族構成に合った家づくりの提案をしてほしい
  • 丈夫で過ごしやすい家にしたいけど、お金はかけたくない
  • 今どきのオシャレな家に住みたい

 

「住宅ローンや土地探しもしていないけど、取り合えず話を聞いてみたい」そんな0からのスタートにもお役に立ちます。

ローコストを実現できているのは、プランを設定することで大幅なコストカットができているからです。

 

さらに土地探しから建築、アフターサポートまでを自社がまとめて対応、共同ネットワークによる仕入れ値の引き下げ。

ローコストでありながら、耐久性が高く快適な住まいづくりをお約束します。

 

アクティブハウスでは、企画注文住宅の全てがわかる資料ご用意しています。

もっと詳しく知りたいと思ってくださった方は、ぜひ手に取ってご確認ください。

資料請求

Supervision

東京・千葉・愛知の企画型注文住宅 アクティブハウス

建設業許可番号

特定建設業許可 許可番号 国土交通大臣許可(特-1)第25561 号