COLUMN

家づくりコラム

コラム

『ローコスト住宅に住んでみて感じること9選』悪い点への対策も解説します

『ローコスト住宅に住んでみて感じること9選』悪い点への対策も解説します

>施工事例:ローコストでもこだわりを持てる企画型注文住宅(一宮モデル)

注文住宅を建築したいのに、予算が不足している。そんな人が利用を検討するべきなのは「ローコスト住宅」です。ローコスト住宅は、一般的なハウスメーカーと比べて安価な費用で建築できる建築形態です。

検討をする中で「ローコスト住宅に住んだらどんな感じなのかな?安い分、後悔してしまうこともあるのかな?」と思うかもしれません。

そこで本記事では、ローコスト住宅に住んだときに感じやすいことを、よい側面と悪い側面、それぞれの視点からお伝えします。依頼しようか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

ライン

コラムを読んでわかること

  • ローコスト住宅に住んだとき、感じやすい「満足ポイント」や「後悔ポイント」が分かる

ライン

目次
ローコスト住宅に住んで「よかった」こと4つ
ローコスト住宅に住んで「悪かった」こと5つと対策
まとめ│ローコストでもハウスメーカー選びは慎重に
 

ローコスト住宅に住んで「よかった」こと4つ

はじめに、ローコスト住宅に住んで「よかった」と感じる瞬間を紹介します。

 

(1)建築後も手元にお金を残せて安心

注文住宅を建築する場合、希望を詰め込みすぎるあまりに、多くの人は当初予定していた予算よりも大きな金額で建築してしまいます。結果、建物が竣工して引っ越したあとに、預貯金の残高の少なさに危機感を覚えてしまいます。

ローコスト住宅のハウスメーカーで建築すれば費用を低減できるので、建物が完成して引っ越した後も、預貯金に余裕が生まれて「経済的に安心して暮らせる」でしょう。

 

(2)アパート・マンションと比べて便利で快適

>施工事例:豊富な収納は戸建て住宅ならでは(愛知県 一宮市)

>施工事例:豊富な収納は戸建て住宅ならでは(愛知県 一宮市)

ローコスト住宅と聞くと、建物の質が悪く住んでから後悔すると言われることがあります。しかし、建築主の多くが比較対象とするのは、高価格帯のハウスメーカーではなく、今まで住んでいた賃貸のアパートやマンションです。

賃貸住宅での暮らしは、上下左右に人が生活しているために生じる音のストレスや、断熱性能の低い窓に悩まされることもあります。

ローコスト住宅の場合は、建築費用を抑える工夫はしていても、多くの住宅は省エネ基準に叶う設計がされているため「便利・快適な暮らし」が送れるでしょう。

 

(3)工期が短く短期間で入居できた

転勤で転居を余儀なくされたり、子どもが転校する場合に、入居までのスケジュールに余裕がない場合もあるでしょう。

ローコスト住宅は、建築費用を抑えるために、業務の効率化や施工速度を重視する傾向にあるため「短い工期で短期間で入居できる」メリットがあります。

ただし、入居時期を気にして住宅への様々な希望を諦めたなら建築満足度は低くなってしまうでしょう。これから10年、20年と住み続ける家と考えると、あまり急いでしまっても後悔につながるかもしれません。

>関連コラム:企画型注文住宅が建つまでの平均期間はどのくらい?引き渡しまでの流れを解説

 

(4)想像よりも間取りや設備が自由だった

>施工事例:外観デザインにもこだわれる企画型注文住宅(愛知県 小牧市)

>施工事例:外観デザインにもこだわれる企画型注文住宅(愛知県 小牧市)

ローコスト住宅に対する一般的なイメージは、決められた設備や間取りの中で選択を迫られるものでしょう。しかし、実は想像しているよりも「間取りや装備の選択肢が多く、自由に決められる」と感じる場合があります。

設備・間取りに対する自由度はハウスメーカーによって異なるので、ローコスト住宅を建築することを決める場合は、複数のハウスメーカーを見て、あなたの理想に合致するメーカーを探しましょう。

>アクティブハウスが提案する「100種類の間取り」

 

ローコスト住宅に住んで「悪かった」こと5つと対策

続いて、ローコスト住宅を建築・住んだときに感じやすい「やめとけばよかった」と後悔する瞬間も紹介します。

 

(1)デザイン・質感が悪く人を呼びづらい

ローコスト住宅の場合は、建物本体や設計費用など、予算が削れそうな箇所を削ったうえで設計・建築されます。このためこだわった間取りや仕様を実現しようとしても、高額なオプション費用を請求される恐れがあります。

結局、予算重視で建築し終えると、デザインがありきたり、外壁や内装の質感が悪い、といった悩みを抱えてしまうかもしれません。

「建築後に親戚や友人を招こうとしても、呼びづらくなってしまう」でしょう。

 

対策:玄関やリビングなど、見られる場所は仕様を高く

>施工事例:LDKの仕様にこだわっておしゃれな空間を作る(木更津モデル)

>施工事例:LDKの仕様にこだわっておしゃれな空間を作る(木更津モデル)

予算配分にメリハリをつけることで「お客さんに見られやすい場所だけでも高額な仕様を導入する」と後悔を避けられるかもしれません。

具体的には、来客が進入する玄関や、滞在時間の長いリビングやダイニングです。1箇所・1部屋だけであれば、費用が増えても誤差の範囲内です。来客に与える印象がよくなることに加えて、部分的にでも理想を実現できたことで、施主の満足度も高くなるでしょう。

 

(2)不具合があったことへのアフターサービスが悪い

注文住宅の建築は、竣工して引っ越しが終わったあとも続きます。不具合があったときに「アフターサービスのレスポンスの悪さ」に不満を感じる瞬間はあるかもしれません。

ローコスト住宅のメーカーの中には、薄利多売で利益を確保するために、建築後に急に接客態度が悪くなるという事例が散見されます。快適な生活を続けるのに大切なアフターサービスも重要視しましょう。

 

対策:ハウスメーカーの口コミを見てみる

アフターサービスの質について満足を得たいなら「ハウスメーカーの口コミを確認」しましょう。

建物が竣工したあと、営業マンの態度が変わるかどうかは、確認のしようがありません。この場合は、会社全体がアフターサービスに対してどんな姿勢を持つのかを把握する必要があります。

ネット上にたくさんある口コミを集めて、信頼できる会社・人なのかを確認しましょう。

>アクティブハウスが誇る「安心のサポート体制」

 

(3)導入したかった設備・仕様を入れられなかった

ハウスメーカーによっては、標準仕様の内装や設備以外利用できないケースがあります。この場合、不本意ながらも与えられた選択肢から、仕様や設備を選択せざるを得ません。

 

対策:こだわりがあるなら超低価格帯は避けたい

>施工事例:ローコストで実現するこだわりのキッチン(みよしモデル)

>施工事例:ローコストで実現するこだわりのキッチン(みよしモデル)

もしも、キッチンの設備や内装に不満を感じてしまうなら「超低価格のローコスト住宅は避ける」ことをおすすめします。

超低価格帯のハウスメーカーの多くは、同一の仕様・設備を利用することで1件あたりの経費を抑えています。逆に指定された設備以外を利用すると高額なオプション料金を取られる可能性もあります。

少しでも、こだわって住宅を建築したいなら”普通程度のローコスト住宅”を選択しましょう。

 

(4)断熱性能が低くて「夏暑い・冬寒い」

引っ越してから最初の夏・冬を迎えたとき「暑い・寒い」を感じると「ローコストにしなければよかった」という後悔に結びつくでしょう。

賃貸のアパート・マンションは最上階や角部屋でない限り、隣家が断熱材の役割を果たして寒さを感じづらいことがあります。性能の低い戸建てに引っ越して、温熱環境が悪化する危険性も認識しておきましょう。

 

対策:ローコスト住宅でも仕様の確認を行う

どんなハウスメーカーでも、標準的に使用している断熱材はあるものです。必ず「標準的に使用している断熱材は何か」確認しましょう。

さらに、冬季の温度が何度くらいになるのか、目安を聞いて見るもの手です。温熱環境は満足度に直結するので、気にしておくことが大切です。

>アクティブハウスが提供する「住宅性能」

>アクティブハウスが提供する「住宅性能」

 

(5)オプション工事だらけで精算金額が高額に

悪質なハウスメーカーの場合、見積もり金額を安く見せるために、給排水工事や仮設費用といった、建築・居住に必ず必要な費用を別途工事費にして見積もりを提出することがあります。

契約後、または工事が一定度進んでから、追加工事費として抜いていた工事の費用を追加請求されることになってしまいます。

 

対策:総額がいくらになるか「契約前に」確認を

精算金額が高額になるのを避けるためには「契約前に総額を確認する」ことが大切です。現在の見積もりにはどこまでの費用が入っているのか、居住するために家具やカーテン以外に必要な費用はないか確認してください。

なお、他社の見積もりとも比較して、計上されていない費用を確認することも効果的です。

>関連コラム:注文住宅見積もりの注意点|予算オーバーや相見積もりも解説

 

まとめ│ローコストでもハウスメーカー選びは慎重に

>施工事例:高い断熱性能と使いやすい間取りを持つ注文住宅(愛知県 大府市)

>施工事例:高い断熱性能と使いやすい間取りを持つ注文住宅(愛知県 大府市)

ローコスト住宅に決めたあと工事中や引っ越してから感じる、ローコスト住宅のよい点、悪い点を紹介しました。

建築費用を減らせるのは嬉しいですが、建築費用を下げるために後悔を感じさせられるところはあります。逆に、事前に分かっていれば、後悔を感じないように対策を講じることができます。

ローコスト住宅で建築するなら、通常のハウスメーカーで建築するよりも多くの知識を蓄えてからにしましょう。

>もっと家づくりのコラムを見てみる

 

弊社アクティブハウスでは、企画型注文住宅の自由設計をもって、ご家族の生活にあった家づくりをお手伝いします。

モデルハウスの見学会も行っていますので、実際の家をご覧いただきながら、ぜひ家づくりについての理想をお聞かせ下さい。

子育てしやすい間取りについても、これまでの経験を活かしご提案させていただきます。

 

モデルハウス予約

 

愛知・千葉で企画型注文住宅をお考えの際は、アクティブハウスにご相談ください

愛知県、千葉県でローコスト注文住宅を建てるならアクティブハウス

ローコストでありながら、注文住宅のような自由度のある企画型注文住宅。

愛知・千葉で、企画型注文住宅をお考えの方は、ぜひアクティブハウスにご相談ください。

  • 使い勝手のいいキッチンをつくりたい
  • 毎月の支払いが、今の家賃より安い家を建てたい
  • 家を建てたいけど、全くイメージがもてない
  • 家族構成に合った家づくりの提案をしてほしい
  • 丈夫で過ごしやすい家にしたいけど、お金はかけたくない
  • 今どきのオシャレな家に住みたい

 

「住宅ローンや土地探しもしていないけど、取り合えず話を聞いてみたい」そんな0からのスタートにもお役に立ちます。

ローコストを実現できているのは、プランを設定することで大幅なコストカットができているからです。

 

さらに土地探しから建築、アフターサポートまでを自社がまとめて対応、共同ネットワークによる仕入れ値の引き下げ。

ローコストでありながら、耐久性が高く快適な住まいづくりをお約束します。

 

アクティブハウスでは、企画注文住宅の全てがわかる資料ご用意しています。

もっと詳しく知りたいと思ってくださった方は、ぜひ手に取ってご確認ください。

資料請求

Supervision

東京・千葉・愛知の企画型注文住宅 アクティブハウス

建設業許可番号

特定建設業許可 許可番号 国土交通大臣許可(特-1)第25561 号