COLUMN

家づくりコラム

コラム

29坪の2〜4LDK間取りプラン|ローコストで建てる企画型注文住宅

カントリー調のLDK

「29坪の戸建てを考えているけれど、どのような間取りにすればいいか分からない…」

「できる限りコストを抑えて29坪の家を建てるなら、どのような間取りになるのか知りたい」

今回は、上記のようなお悩みを持つ方に向けて1000万円台で建てる29坪の間取りプランの紹介と、家事導線の良い開放的で住みやすい間取りにするためのコツを解説します。

間取り例を参考にしたい、間取りを考えるうえで意識すべきポイントが知りたいという方はぜひ参考にご一読ください。

 

ライン

コラムを読んでわかること

  • 29坪で建てる家の間取りプラン
  • 住みやすい家を叶える間取りのコツ

ライン

目次
29坪の住まいってどう?
29坪の2階建て【2〜4LDK間取りプラン】
家事導線&開放的な間取りにするコツ
1000万円台のローコスト住宅をお求めなら、アクティブハウスへ

 

29坪の住まいってどう?

四角い外観の家

まずは、29坪で建てる基本の間取りについて解説します。

29坪は平米に換算すると「95.8678㎡」、畳数でいうと「約59畳」になります。家族構成にもよりますが、一般的な戸建ての坪数は30〜40坪とされているため、それと比較すると「平均かそれよりもわずかに小さい」と言えるでしょう。

 

・広々とゆったり過ごせる「2LDK」

29坪で2LDKの間取りにすると一つひとつの部屋にかなりゆとりができ、広々とした開放的な住まいになります。

「LDK+夫婦の寝室+子ども部屋」の3人家族や、「LDK+夫婦の寝室+書斎や趣味の部屋」といった2人家族にぴったりの間取りなるでしょう。

部屋数は少なくて良いので、とにかくゆったりとくつろげる家にしたいという方におすすめです。

 

・4人家族にぴったりスタンダードな「3LDK」

29坪でもっともスタンダードなのが、3LDKの間取り。LDKのほかに「夫婦の寝室1部屋+子ども部屋2部屋」を設けた4人家族にもっとも人気の間取りとなります。

29坪の3LDKは、一つひとつの空間に適度な余裕がありつつ必要な部屋数もしっかりと確保された間取りとなります。

4人家族だけではなく「3人家族だけれど、2LDKにもう1部屋プラスしてスタディルームや和室を設けたい」といったご家族にもおすすめです。

 

・部屋数重視&コンパクトに暮らせる「4LDK」

29坪は、3LDK以外に「4LDK」の間取りもよく見られます。子ども部屋を3部屋設けたい5人家族や、ゲストルームや書斎など目的ごとに使用できる部屋がほしいといった方に人気の間取りとなります。

一方で、3LDKと比較すると一つひとつの部屋の広さには多少制限が出てくるため、部屋数重視でコンパクトな暮らしがしたいという方に特におすすめの間取りと言えるでしょう。

>関連記事:27坪・2階建て間取りプラン|狭小でも暮らしやすさを追求するコツ

 

29坪の2階建て【2〜4LDK間取りプラン】

こちらでは、1000万円台で建てた「29坪の2階建て間取りプラン」をご紹介します。

間取りのイメージがまったくできていないという方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

・和室のある3LDK(4LDK対応)

3LDK(4LDK対応)(和室有)+ワイドバルコニー

こちらは、1階に「LDK+水回り+和室」、2階に「寝室×2部屋(3部屋へ対応可)」を設けた「3LDK(4LDK対応)」の間取りです。

まず玄関を入るとすぐ横には階段、トイレがあります。玄関ホールからはLDKと和室の両方にそれぞれ入ることができ、間仕切りを隔ててリビング続きに6畳の和室を設けた間取りに。

リビングの延長として和室を日常づかいしたい方や、来客時にゲストルームとして利用したい方におすすめの間取りになっています。

 

・ストレージで収納抜群な2LDK(3LDK対応)

2LDK(3LDK対応)
+ワイドエントランス + ストレージ

こちらは1階に「LDK+水回り」、2階に「寝室×2部屋+ストレージ」のある2LDK(3LDK対応)の間取り。

1階の玄関を入ると奥に階段、トイレがあり、さらに奥に進むと浴室や洗面台などの水回りがまとまっています。玄関ホールから室内に入ると、中には18畳の広々としたLDKが配置されています。

2階には2部屋のベッドルームと2畳のストレージが。物が多くとにかく収納量を増やしたいという3人家族あるいは4人家族にぴったりの間取りです。

 

・家族でゆったり過ごせる2LDK(3LDK対応)

2LDK(3LDK対応)

こちらは、3人家族や4人家族にぴったりのスタンダードな2LDK(3LDK)の間取り。

LDKの平均的な広さは16〜20畳と言われていますが、こちらの間取りでは「21.5畳」の広々としたLDKが設けられています。「家族全員で広々とした空間でゆったりくつろぎたい」という方には、思い切って開放的なLDKを設けるのがおすすめ。

2階のベッドルームは、3部屋に仕切って3LDKにしても各部屋にクローゼットが備えられている使い勝手の良い間取りになっています。

>関連記事:【注文住宅の間取りが決まらない!】おすすめの間取りは?│失敗・後悔の防ぎ方も紹介

 

家事導線&開放的な間取りにするコツ

開放的なLDKの間取り

最後に、間取りを成功させるために必要な「家事導線」と「開放感」に配慮した住みやすい家づくりのコツをお伝えします。

 

・ランドリールームで家事ラクに

仕事や育児に忙しい日々を送るなかでも、暮らしやすい家づくりを叶えるのが「家事ラク」な間取り。家事導線をできる限り短くするには、料理・洗濯・掃除をする際の実際の動きをイメージしながら間取りを考えるのがポイントです。

近年では、もっとも導線が長くなりがちな洗濯を1箇所でまとめて完結できる「ランドリールーム」を設ける家が増えています。ランドリールームは、洗濯から乾燥、アイロンがけ、衣類を畳むところまでをすべて1室で済ませられる空間のこと。

雨の日や夜中など、天気や時間に左右されずいつでも洗濯できるようにしたい共働きの家族にはとくにおすすめ。

 

・吹き抜けで開放的な空間を演出

住みやすい家にするには、開放的な空間づくりがもう一つのポイント。開放的な住まいをつくるには、天井高を少し高めに設定したり、吹き抜けで縦の空間を思いっきり広げた間取りにするのがおすすめです。

一方で、29坪の場合はそこまで間取りに余裕があるわけではないため、家族が集まるリビングのみ天井を高くしてみるなど、優先順位を決めて空間にメリハリをつくるのが良いでしょう。

 

・屋外空間とのつながりを意識

もう一つ開放感を演出するポイントとして重要なのが、屋外空間とつながりのある家づくりをすること。

近年では在宅ワークが普及したこともあり、以前よりも家で過ごす時間が増えたり、家でくつろぐ時間をより大切にするようになったという方も多くいるでしょう。

開放的でリラックスできる空間をつくるには、中庭や広々としたバルコニー、プライベートテラスなど、屋内にいながらも屋外で過ごせる空間を取り入れるのがポイントです。

 

1000万円台のローコスト住宅をお求めなら、アクティブハウスへ

いかがでしたか。こちらでは29坪の間取りプランと、暮らしやすい家にするための間取りのコツについて解説しました。

弊社アクティブハウスでは、企画型注文住宅の自由設計とローコストを実現する家づくりを承っております。

今回ご紹介した29坪の間取りは、すべて建物本体価格(付帯工事費除く)1,721万円 (税込)にてご用意しております。

1000万円台のローコストでマイホームをご検討中の方は、モデルハウスの見学会も行っていますので、実際の家をご覧いただきながら、ぜひ家づくりについてご相談ください。

 

 

愛知・千葉で企画型注文住宅をお考えの際は、アクティブハウスにご相談ください

ローコストでありながら、注文住宅のような自由度のある企画型注文住宅。

愛知・千葉で、企画型注文住宅をお考えの方は、ぜひアクティブハウスにご相談ください。

  • 使い勝手のいいキッチンをつくりたい
  • 毎月の支払いが、今の家賃より安い家を建てたい
  • 家を建てたいけど、全くイメージがもてない
  • 家族構成に合った家づくりの提案をしてほしい
  • 丈夫で過ごしやすい家にしたいけど、お金はかけたくない
  • 今どきのオシャレな家に住みたい

 

「住宅ローンや土地探しもしていないけど、取り合えず話を聞いてみたい」そんな0からのスタートにもお役に立ちます。

ローコストを実現できているのは、プランを設定することで大幅なコストカットができているからです。

 

さらに土地探しから建築、アフターサポートまでを自社がまとめて対応、共同ネットワークによる仕入れ値の引き下げ。

ローコストでありながら、耐久性が高く快適な住まいづくりをお約束します。

 

アクティブハウスでは、企画注文住宅の全てがわかる資料ご用意しています。

もっと詳しく知りたいと思ってくださった方は、ぜひ手に取ってご確認ください。

 

Supervision

東京・千葉・愛知の企画型注文住宅 アクティブハウス

建設業許可番号

特定建設業許可 許可番号 国土交通大臣許可(特-1)第25561 号