COLUMN

家づくりコラム

和モダンな和室にする7つのコツ│壁紙・カーテン・畳などの選び方

掘りごたつのある小上がり

内装を決める際は、どのようなスタイルに仕上げたいのか具体的にイメージしていきましょう。

イメージを整えることで、間取りやデザイン、インテリアなども決めやすくなります。

 

今回はたくさんあるスタイルの中から「和モダン」についてご紹介していきます。

さらに和テイストが強くなりがちな「和室」に絞って、おしゃれに仕上げるコツを深堀していきましょう。

具体的にポイントをまとめていくので、ぜひ和室づくりにお役立てください。

 

ライン

コラムを読んでわかること

  • 和モダンスタイルの特徴と、魅力
  • 和室を和モダンにするためのコツ

ライン

 

目次
和モダンとは​​​
和モダンな和室にするコツを7つご紹介​​​​
まとめ

 

和モダンとは

小上がりのあるリビング

和モダンとは、日本の伝統文化を思わせる「和」と、シンプルで現代的な「モダン」を組み合わせたスタイルのことです。

和の要素とモダンな要素の割合によっても、かなり印象が違ってきます。

 

和モダンの魅力は、他のスタイルとも馴染みがいいことです。

最近の間取りは和室を個室にするのではなく、リビングの一角に和室スペースをつくる間取りが多くみられます。

この間取りのメリットは、部屋を仕切らないことで空間を広く感じられること、また和室で過ごす家族とコミュニケーションを取りやすいことです。

 

このようにリビングの一角に和室を設ける場合、リビングのスタイルと大きくかけ離れては違和感を覚えるかもしれません。

和モダンのモダン要素をリビングに少し寄せることで、和室としての雰囲気を味わいながら、統一感を得ることができます。

和とモダンのバランス、また和モダンと他の間取りとのバランスをみながら、おしゃれに仕上げていきましょう。

 

和モダンな和室にするコツを7つご紹介

リビング横の小上がり

和モダンな和室にするコツをご紹介します。

それぞれにこだわりをもって、整えていきましょう。

 

① 畳の選ぶコツ

和室の代名詞ともいえる畳は部屋の雰囲気を大きく左右します。

和の要素が強い畳に、どのようなモダン要素を入れられるのか見ていきましょう。

 

【畳の形状】

縁のある長方形の畳は昔ながらの雰囲気が強いので、和モダンスタイルには縁のない正方形の畳をおすすめします。

この正方形の畳を「琉球畳」と言い、縁がないのでシンプルな印象です。

 

【畳の色】

昔ながらの畳は薄い緑色をした、い草の色が主流です。

現代の畳は色の種類が増えて、色選びも楽しめるようになりました。

とはいえカラフルな色は和モダンから離れるので、シンプルな雰囲気の茶系・ネイビー・グレー辺りをおすすめします。

 

また畳の目の向きを90度変えて敷くと、違った色味に見えるので、市松模様のように敷くことも可能です。

違う色を選んで配色すると、モダンの要素が強くなりスタイリッシュな印象になります。

 

こちらでは床の素材として畳の選び方をご紹介しましたが、フローリングで和モダンにすることも可能です。

他のポイントで和の要素を多く取り入れれば、バランスよくまとまるでしょう。

例えば置き畳や畳でできた座布団などを利用するのもおしゃれです。

 

② 照明を選ぶコツ

和室

和の雰囲気を照明でつくるには、温かみのある電球色がおすすめです。

また照明器具の素材には、木・籐・和紙など自然の素材を利用すると和の要素が、ガラス・アイアンなど無機質な素材を利用するとモダンの要素が強くなります。

大きな吊り下げタイプの照明を取り付けると部屋のアクセントになりますし、間接照明を取り付けると部屋の雰囲気がグッとおしゃれになります。

床を上げる小上がりにする場合は天井までが近くなるので、シーリングライトやダウンライトを利用しましょう。

 

③ 収納の作り方

和室の用途に合った収納を取り付けていきましょう。

和室に布団を敷く場合や、お子さんを遊ばせる場合は大きめの押し入れがあると便利です。

押し入れの形状であってもクローゼット扉を設置したり、ふすまではなく木の扉を取り付けるのもおすすめです。

 

④ おしゃれな窓の設置方法

横長の窓を低い位置に設置すると、落ち着いた和の雰囲気に仕上がります。

和室は畳に座って過ごすスタイルが一般的だからです。

いくつかの縦長窓をリズムよく設置すると、スタイリッシュなモダンテイストが強くなるでしょう。

 

⑤ カーテンの選び方

和室

和室の遮光を和らげるには障子などを利用しますが、少し和テイストが強い印象です。

和モダンの和室にするなら、自然な味わいのあるカーテンやロールスクリーン、プリーツスクリーンなどを利用するとバランスよく仕上がります。

 

⑥ 天井をデザインする

和室の天井は木板でつくられるデザインが多くあります。

もしコストを抑えたい場合は、木目のアクセントクロスを利用するのもおすすめです。

また木目ではなく、リビングの壁と同じクロスや暗い色のアクセントクロスを利用すると、モダンな雰囲気に仕上がるでしょう。

 

⑦ 壁紙の選び方

和室

和モダンな和室の壁紙は、畳や床、天井とのバランスをとりましょう。

どれも広い面積があるので、暗い色を使いすぎると重たい印象になります。

基本的には明るめのベージュやオフホワイトにすると、天井や畳の色と馴染みよくまとまります。

 

グレーやネイビーなどのアクセントクロスを利用すると、シンプルでスタイリッシュな雰囲気が加わりモダンな印象です。

和紙でできた壁紙やぬりかべ風のクロスを利用すると、和の雰囲気を高めることができます。

 

まとめ

小上がりで遊ぶ子ども

今回は和モダンにするコツとして、7つのポイントをご紹介しました。

 

  1. 和モダンと相性のいい琉球畳を利用して、ベーシックな色選びをする
  2. 温かみのある電球色を利用して、照明器具のデザインや素材で和とモダンのバランスをとる
  3. 押し入れなどを取り付ける場合は、ふすまではなく木の引き戸を設置するとモダンな雰囲気を加えられる
  4. 横長の窓を低い位置に設置すると和の雰囲気に、縦長の窓をリズムよく配置するとモダンな雰囲気が強くなる
  5. 自然な味わいのあるカーテンやロールスクリーン、プリーツスクリーンなどを利用すると、和モダンのバランスが取りやすい
  6. 天井は木目や暗めのアクセントクロスを利用すると、落ち着きのある和モダンに仕上がる
  7. 壁紙はベージュかオフホワイトが全体とのバランスを取りやすい、塗り壁風や和紙の壁紙もおすすめ

 

和室は利便性がよく、どこか気持ちが落ち着く懐かしさがあります。

他の間取りとの相性が取りやすい和モダンスタイルで、おしゃれな和室にしていきましょう。

 

 

弊社アクティブハウスでは、企画型注文住宅の自由設計をもって、ご家族の生活にあった家づくりをお手伝いします。

モデルハウスの見学会も行っていますので、実際の家をご覧いただきながら、ぜひ家づくりについての理想をお聞かせ下さい。

リビング収納に最適な間取りについても、これまでの経験を活かしご提案させていただきます。

 

モデルハウス予約

 

愛知・千葉で企画型注文住宅をお考えの際は、アクティブハウスにご相談ください

愛知県、千葉県でローコスト注文住宅を建てるならアクティブハウス

ローコストでありながら、注文住宅のような自由度のある企画型注文住宅。

愛知・千葉で、企画型注文住宅をお考えの方は、ぜひアクティブハウスにご相談ください。

  • 利用しやすいスタディコーナーを作りたい
  • 毎月の支払いが、今の家賃より安い家を建てたい
  • 家を建てたいけど、全くイメージがもてない
  • 家族構成に合った家づくりの提案をしてほしい
  • 丈夫で過ごしやすい家にしたいけど、お金はかけたくない
  • 今どきのオシャレな家に住みたい

 

「住宅ローンや土地探しもしていないけど、取り合えず話を聞いてみたい」そんな0からのスタートにもお役に立ちます。

ローコストを実現できているのは、プランを設定することで大幅なコストカットができているからです。

 

さらに土地探しから建築、アフターサポートまでを自社がまとめて対応、共同ネットワークによる仕入れ値の引き下げ。

ローコストでありながら、耐久性が高く快適な住まいづくりをお約束します。

 

アクティブハウスでは、企画注文住宅の全てがわかる資料ご用意しています。

もっと詳しく知りたいと思ってくださった方は、ぜひ手に取ってご確認ください。

資料請求

Supervision

東京・千葉・愛知の企画型注文住宅 アクティブハウス

建設業許可番号

特定建設業許可 許可番号 国土交通大臣許可(特-1)第25561 号