COLUMN

家づくりコラム

インナーバルコニーをおしゃれにする5つのコツ│活用方法をご紹介

インナーバルコニーがあると、外の空間を贅沢に楽しむことができます。

プライベート性が高いので、外からの視界を気にすることなく家族の時間を満喫することができるでしょう。

 

こちらの記事では、そんな魅力のあるインナーバルコニーを、おしゃれに仕上げるコツを5つご紹介します。

快適さや利便性におしゃれな雰囲気をプラスして、家族みんなのお気に入り空間に仕上げていきましょう。

新築計画にインナーバルコニーを検討中の際は、ぜひお役立てください。

 

ライン

コラムを読んでわかること

  • インナーバルコニーの特徴や、その他外スペースとの違い
  • インナーバルコニー内をおしゃれに仕上げるコツ
  • インナーバルコニーの便利で快適な活用方法

ライン

 

目次
インナーバルコニーとは
インナーバルコニーをおしゃれにするコツ​​​​
インナーバルコニーの活用方法
まとめ

 

インナーバルコニーとは

新築の外観

インナーバルコニーとは、建物の一部をへこませてつくられた外スペースのことです。

建物からの出っ張りがないので、スッキリとしたモダンな印象に仕上がります。

床は下の階の天井部分を利用するので、ベランダよりも奥行きや広さをもつことが可能。

また家の屋根や上階の床部分を利用して、天井(屋根)がつくられています。

 

このように広さと屋根のあるインナーバルコニーは、外の空間を楽しむスペースとして、また実用的な家事スペースとして利便性の高さが魅力です。

外スペースでありながら、天候に左右されにくいのも嬉しいですね。

さらに外部から出入りができない上階であることから、プライベート性が高く必要であれば目隠しをすることも可能です。

 

インナーバルコニーのように建物と繋がった外スペースにはいくつか種類があります。

それぞれの違いを、インナーバルコニーと比較しながら確認していきましょう。

 

【ベランダ】

インナーバルコニーとの共通点は、2階以上につくられた屋根のある外スペースということです。異なる点としてベランダは建物から出っ張ってつくられるので広さはさほどありません。

 

【バルコニー】

バルコニーはインナーバルコニーと違って、建物から外にせり出した状態でつくられ屋根がありません。ベランダの屋根がない状態になります。

 

【ルーフバルコニー】

下階の天井を利用してつくられる外スペースなので広さはありますが、屋根はありません。そのため最上階につられることが多く、部屋から繋がった屋上のような印象です。

 

それぞれに上記のような特徴があるので、利用目的を明確にして新築計画に取り入れていきましょう。

インナーバルコニーの活用方法については、後ほど詳しくお伝えします。

 

インナーバルコニーをおしゃれにするコツ

新築の外観

インナーバルコニーをおしゃれにするコツは次の通りです。

  • 天井や壁に木目を利用する
  • おしゃれな照明で演出する
  • 目隠しをおしゃれに仕上げる
  • 床材にこだわる
  • ソファセットを置く

それぞれ詳しくお伝えします。

 

天井や壁に木目を利用する

インナーバルコニーの天井や壁部分に木目を利用すると、外空間でありながら室内のようにおしゃれな雰囲気に仕上がります。

室内からの空間がつながった印象になるので、開放感も得ることができるでしょう。

 

また建物全体を見た際は外壁とメリハリが出るので、インナーバルコニーの存在をアピールできます。

インナーバルコニーは2階以上につくられるので、下から見上げた際にはとくに、天井部分の木目が外観のアクセントになるでしょう。

 

おしゃれな照明で演出する

インナーバルコニーの照明にこだわって、おしゃれな雰囲気を演出していきましょう。

インナーバルコニーはダウンライトを利用して、スッキリと仕上げることがほとんどです。

さらに間接照明を利用して、温かみのある優しい雰囲気を作り上げましょう。

 

照明でおしゃれに仕上がった空間で、夜にお酒を楽しむのもいいですね。

インナーバルコニーの優しい照明が、夜の外観もおしゃれな印象にしあげてくれます。

 

目隠しをおしゃれに仕上げる

アクティブハウスの家

周りの家との距離が近い場合や、隣の窓の位置などによっては、インナーバルコニー内が見えやすくなるかもしれません。

インナーバルコニーだけでなく、その先の室内まで視線が届くとなると、プライバシー対策が必要です。

インナーバルコニーにおしゃれな目隠しを付けて、視線を遮っていきましょう。

 

目隠しは専用の目隠しルーバーを利用するとスタイリッシュな印象になりますし、木の格子をつけると暖かみをプラスすることができます。

おしゃれに仕上がるだけでなく実用性が高いので、インナーバルコニー内で充実した時間を過ごすことができるでしょう。

適度にすき間をもたせて、インナーバルコニー内からの開放感や採光、風通しを確保することが大切です。

 

床材にこだわる

インナーバルコニー内の床も、おしゃれに整えましょう。

板張りにすると室内のフローリングが繋がった印象で、開放感が得られます。

木の貼り方や色味を合わせて統一感をもたせましょう。

 

またタイルを貼るのもおすすめで、コンパクトなタイルは軽快な印象に、大きいタイルは落ち着きのある雰囲気に仕上がります。

さらに小さなお子さんのいるご家庭は、人工芝のスペースをつくると、おしゃれなだけでなくケガを防ぐことが可能です。

 

ソファセットを置く

インナーバルコニーは外スペースでありながらしっかりと屋根があり、つくりによっては側面も壁で仕切られているので、紫外線や雨風の影響を受けにくい特徴があります。

そのためソファセットやテーブルセットなどを設置しやすく、第二のリビングのような空間を作れます。

ソファに深く腰をかけてお茶をいただきながら家族や友人と過ごす時間は、非常に優雅なものです。

奥行きや広さを確保しやすいインナーバルコニーだからこその、おしゃれな楽しみ方と言えるでしょう。

 

インナーバルコニーの活用方法

新築の外観

インナーバルコニーの活用方法をご紹介します。

  • 家族でバーベキューや食事を楽しむ
  • ソファセットでくつろぎながら読書をする
  • ヨガやガーデニングの趣味スペースにする
  • 子ども達と家庭菜園をして食育を楽しむ
  • 家庭用のプールを出して、こともを遊ばせる
  • テーブルセットを置いて在宅ワークをする
  • 洗濯物やお布団を干す

インナーバルコニーは外スペースでありながら、室内のように快適な環境が整います。

いつもは室内で行うことも、インナーバルコニーなら開放感を得ながら楽しむことができるでしょう。

 

ベランダの活用方法を別記事に詳しくまとめたので、こちらも参考にしてください。

関連記事:【戸建て住宅】ベランダやバルコニーを有効に活用する5つの方法

 

 

まとめ

総二階建て住宅

インナーバルコニーがあると暮らしが豊で快適になり、楽しみを増やすことができます。

おしゃれなインナーバルコニーに仕上げて、さらにお気に入りのスペースにしていきましょう。

今回はインナーバルコニーをおしゃれに仕上げる方法として5つのコツをお伝えしました。

  • 天井や壁に木目を利用する
  • おしゃれな照明で演出する
  • 目隠しをおしゃれに仕上げる
  • 床材にこだわる
  • ソファセットを置く

おしゃれなインナーバルコニーで、家族や友人と楽しい時間を過ごしましょう。

 

 

弊社アクティブハウスでは、企画型注文住宅の自由設計をもって、ご家族の生活にあった家づくりをお手伝いします。

モデルハウスの見学会も行っていますので、実際の家をご覧いただきながら、ぜひ家づくりについての理想をお聞かせ下さい。

これまでの経験を活かしご提案させていただきます。

 

モデルハウス予約

 

愛知・千葉で企画型注文住宅をお考えの際は、アクティブハウスにご相談ください

愛知県、千葉県でローコスト注文住宅を建てるならアクティブハウス

ローコストでありながら、注文住宅のような自由度のある企画型注文住宅。

愛知・千葉で、企画型注文住宅をお考えの方は、ぜひアクティブハウスにご相談ください。

  • 老後の生活に負担のかからない家づくりがしたい
  • 年齢を重ねても暮らしやすい間取りに整えたい
  • 家を建てたいけど、全くイメージがもてない
  • 家族構成に合った家づくりの提案をしてほしい
  • 丈夫で過ごしやすい家にしたいけど、お金はかけたくない
  • 老後の暮らしやすさと今の生活の理想を両立させたい

 

「住宅ローンや土地探しもしていないけど、取り合えず話を聞いてみたい」そんな0からのスタートにもお役に立ちます。

さらに土地探しから建築、アフターサポートまでを自社がまとめて対応、共同ネットワークによる仕入れ値の引き下げ。

ローコストでありながら、耐久性が高く快適な住まいづくりをお約束します。

 

アクティブハウスでは、企画注文住宅の全てがわかる資料ご用意しています。

もっと詳しく知りたいと思ってくださった方は、ぜひ手に取ってご確認ください。

資料請求

 

Supervision

東京・千葉・愛知の企画型注文住宅 アクティブハウス

建設業許可番号

特定建設業許可 許可番号 国土交通大臣許可(特-1)第25561 号