下書きプレビュー中
30秒でカンタン
資料請求
来場予約
30秒でカンタン
資料請求
来場予約
コラム
住まいづくりのお役立ちコラム
2022.03.28
中庭のある間取りの特徴とは│おすすめの利用方法をご紹介

中庭は建物に囲まれて設計されるので、プライベート性が高く、家族で外スペースを満喫するのに最適です。

周りからの視界を遮ることができるので、気兼ねなくくつろぐことができるでしょう。

 

今回は、そんな中庭の魅力をおつたえすべく、特徴や利用方法を詳しくご紹介していきます。

生活にどのような広がりが得られるのか、またどの様に快適な環境が整うのかイメージしながらご覧ください。

 

ライン

コラムを読んでわかること

  • 中庭の3つの種類とその特徴
  • 中庭をつくることで発生するメリットとデメリットと、その対策方法
  • 中庭の特徴を活かした、最適な利用方法

ライン

 

目次
中庭のある間取りの特徴
中庭のある間取り│おすすめの利用方法をご紹介​
まとめ

 

中庭のある間取りの特徴​

>>>こちらの事例を見てみる

中庭の特徴を理解するために、中庭の種類や、メリット・デメリットをご紹介します。

デメリットは、新築計画の段階で対策を立てれば回避できるので、事前に確認しておきましょう。

 

中庭の種類​

中庭は、主に3つのタイプにわけられます。

それぞれに特徴が大きく違うので、詳しく見ていきましょう。

 

  • コの字型

真上から見た家の形が、カタカナの「コ」の字のように、三方を建物で囲った中庭を「コの字型」と言います。

コの字型は中庭部分から採光しやすくなるので、家の中を明るくすることができます。

またコの字の空いている部分を通りの反対側にしたり、駐車スペースで仕切ったり、目隠しなどを設ければ、適度なプライベート空間をつくることが可能です。

 

  • ロの字型

真上から見た家の形が、カタカナの「ロ」の字のように、四方すべてを建物で囲った中庭を「ロの字型」と言います。

ロの字型の中庭は、外部からの視線を遮るだけでなく、侵入もできない完全なプライベートスペースです。

 

また中庭の四方が建物で囲まれているため、雨水の排水経路を整える必要があります。

中庭に植木などをする場合は、排水口に枯れ葉などが溜まらないように気を付けましょう。

 

  • L字型

真上から見た家の形が、アルファベットの「L」の字のように、二方向を建物で囲った中庭を「L字型」と言います。

L字型の中庭は、他の型と比較すると間取りに自由度があり、中庭をつくるハードルは低い印象です。

家の壁も一番少ないので、建築コストが安く済むでしょう。

 

中庭のメリット​

中庭

中庭をつくることで発生するメリットを4つご紹介します。

  1. プライバシーが守られやすい
  2. 採光と通風がしやすい
  3. 開放感が得られる
  4. おしゃれな家になる

それぞれ見ていきましょう。

 

①プライバシーが守られやすい

中庭をつくるメリットは、通常の庭と比較するとプライバシーが守られやすい点です。

周辺からの視線が届きにくいので、家族で庭を満喫することができます。

休日の起き抜けにパジャマのままでコーヒーを味わったり、健康づくりのための運動など、あまり人に見られたくないルーティンも、中庭なら思いっきり楽しむことができるでしょう。

洗濯物を干していても、見られたり取られたりする心配がありません。

 

②採光と通風がしやすい

中庭をつくると、快適な生活環境が整いやすくなります。

外との面積が増えるので、採光や通風が取りやすくなるからです。

特に敷地が広い家は中心辺りから北側が暗くなりがちですが、中庭を設ければ自然の光と風を感じることができます。

 

③開放感が得られる

家の壁に窓ガラス部分が増えるので、視線が抜けて開放的な印象になります。

中庭にウッドデッキやタイルを、できるだけフラットに敷いたら、部屋がそのまま広がったように感じられるでしょう。

 

④おしゃれな家になる

中庭のある家は、空間にゆとりを感じられるので、おしゃれな印象に仕上がります。

中庭に植樹やガーデニングをすれば、いつでも家の中から季節を味わうことができるでしょう。

間接照明などを利用して、優しくライトアップすると、夜の中庭も楽しむことができます。

 

家の外観の決め方については、別の記事で詳しくまとめているので、ぜひ参考にしてください。

関連記事:【企画型注文住宅】外観デザインの決め方│イメージを形にしよう

 

中庭のデメリット​

中庭をつくることで発生するデメリットを、3つご紹介します。

  1. 生活スペースが減る
  2. 動線が長くなる
  3. 空調が整いにくい

デメリットを事前に確認しておくことで、設計や設備で対策をとることができます。

生活が始まってからデメリットに気が付くと後悔に繋がるので、新築計画に取り入れていきましょう。

 

  • 生活スペースが減る

中庭の敷地分、居住スペースが削られるので、必要な部屋数や共有スペースが確保できないかもしれません。

敷地の広さと間取りの兼ね合いを見て、無理のない設計をしていきましょう。

 

  • 動線が長くなる

中庭がある分、動線が長くなるので、無駄な動きが多いと感じられるかもしれません。

生活動線や家事動線を意識した間取りを、整えていきましょう。

 

  • 空調が整いにくい

中庭のある家は窓部分が広いので、寒かったり暑かったりと、外環境の影響を受けやすくなります。

エアコンを利用しても、効率的に稼働させることが難しいでしょう。

このように室温に大きな影響を与える窓ガラスですが、機能性の高いガラスを利用することで、デメリットを回避できます。

 

 

中庭のある間取り│おすすめの利用方法をご紹介​

中庭

ここまででお伝えしてきた中庭の特徴から、どのような利用方法が適しているのか、又は生活にどのような魅力が生まれるのか見ていきましょう。

 

二世帯住宅に中庭をとり入れる​

中庭を間にとって二世帯の生活空間を分ければ、生活スペースを適度に仕切ることができます。

完全分離型の二世帯住宅であっても、中庭を共有することで、自然にコミュニケーションをとることができるでしょう。

世帯それぞれの生活スタイルを維持しながら、いざというときにはすぐに駆け付けられる距離を保つことができるので、中庭のある間取は二世帯住宅に適しているといえるでしょう。

 

子どもの遊び場として利用する​

中庭は建物である程度囲まれているので、子どもを遊ばせるのに安全な環境と言えます。

  • 道路に急に飛び出したりしない
  • 不審人物に声を掛けられるなどの心配がない
  • 室内との距離が近いので、家族の見守りがしやすい

土を入れて家庭菜園やガーデニングを、お子さんと一緒に楽しむのもいいですね。

 

自転車の駐車スペースにする​

L字、コの字の中庭に限りますが、自転車を停めるスペースを併設することもできます。

部屋から見える位置に停めることで、イタズラや盗難の被害対策にもなります。

雨風を防げるよう設備を整えて、大切な愛車を守りましょう。

 

バーべキューやお茶を楽しむ​

中庭に出て家族で楽しむと言ったら、バーベキューや焼き肉など、外での食事ではないでしょうか。​

庭でお子さんを遊ばせながら、休日のお天気のいい日に食事をすれば、日ごろの慌ただしさを忘れることができるでしょう。

室内との距離が近いので、食事の準備などもしやすいですが、庭にも水道を引いておくと道具を片付けるときなど便利です。

周りから見られることのない外スペースなので、第二のリビングのように家族のくつろぎの場として利用することができます。

 

まとめ​

中庭

中庭はプライベート性が高いので、家族で楽しんだりくつろいだりするのに最適な外スペースです。

また採光や通風がしやすいので、快適な室内環境が整います。

理想の家づくり計画に、中庭を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

弊社アクティブハウスでは、企画型注文住宅の自由設計をもって、ご家族の生活にあった家づくりをお手伝いします。

モデルハウスの見学会も行っていますので、実際の家をご覧いただきながら、ぜひ家づくりについての理想をお聞かせ下さい。

これまでの経験を活かしご提案させていただきます。

 

モデルハウス予約

 

愛知・千葉で企画型注文住宅をお考えの際は、アクティブハウスにご相談ください

愛知県、千葉県でローコスト注文住宅を建てるならアクティブハウス

ローコストでありながら、注文住宅のような自由度のある企画型注文住宅。

愛知・千葉で、企画型注文住宅をお考えの方は、ぜひアクティブハウスにご相談ください。

  • 使い勝手のいいパントリーを作りたい
  • 毎月の支払いが、今の家賃より安い家を建てたい
  • 家を建てたいけど、全くイメージがもてない
  • 家族構成に合った家づくりの提案をしてほしい
  • 丈夫で過ごしやすい家にしたいけど、お金はかけたくない
  • 今どきのオシャレな家に住みたい

 

「住宅ローンや土地探しもしていないけど、取り合えず話を聞いてみたい」そんな0からのスタートにもお役に立ちます。

ローコストを実現できているのは、プランを設定することで大幅なコストカットができているからです。

 

さらに土地探しから建築、アフターサポートまでを自社がまとめて対応、共同ネットワークによる仕入れ値の引き下げ。

ローコストでありながら、耐久性が高く快適な住まいづくりをお約束します。

 

アクティブハウスでは、企画注文住宅の全てがわかる資料ご用意しています。

もっと詳しく知りたいと思ってくださった方は、ぜひ手に取ってご確認ください。

資料請求

監修者情報

user

アクティブハウス

多くのプランから選べるリーズナブルな企画型住宅

建設業許可番号一般建設業許可 許可番号 国土交通大臣許可(特-1)第25561 号