下書きプレビュー中
30秒でカンタン
資料請求
来場予約
30秒でカンタン
資料請求
来場予約
コラム
住まいづくりのお役立ちコラム
2022.01.31
ローコスト住宅のデメリットを解消│ローコスト住宅が向いている人とは?

ローコスト住宅

建築費用を、できるだけ抑えたい方におすすめなのが「ローコスト住宅」です。

施工業者を慎重に選べば、低価格で高品質な家づくりが叶います。

 

そんなローコスト住宅で家を建てるメリットは、名前にもあるように安く家を建てられることですが、デメリットはどうでしょうか。

価格が安い分、設備や性能などへの不安があるかと思います。

 

こちらの記事では、そんな不安を払しょくするために、ローコスト住宅のデメリットを詳しくご紹介していきます。

さらにその解消法もまとめていくので、ぜひ参考にしてください。

安いからと妥協するのではなく、予算内で理想の家づくりができるよう、ローコスト住宅への理解を深めていきましょう。

 

ライン

コラムを読んでわかること

  • ローコスト住宅が、低価格な家を建てられる理由
  • ローコスト住宅のメリット、デメリットとその解消法
  • ローコスト住宅が向いている人

ライン

 

目次
ローコスト住宅とは​​
ローコスト住宅のデメリットを解消​​​
ローコスト住宅のメリット​​​
ローコスト住宅が向いている人​​​
まとめ

 

ローコスト住宅とは​

リビング

ローコスト住宅とは、​比較的安い新築住宅のことです。

大手のハウスメーカーや地方の工務店など幅広く展開され、特に若い世代の方から人気が集まっています。

 

ローコストと聞くと「価格が安い分いい家は建たないのではないか」と不安になるかもしれません。

しかしローコスト住宅には、低価格で高品質な家を建てられる理由があります。

 

  • 大量の仕入れや独自のネットワークを使って、仕入れ値を安くする
  • 事前に最適なプランを用意することで、一から設計する工程を減らす
  • 選択の幅を整えることで打ち合わせの効率化を計り、人件費の削減につなげる
  • 広告宣伝費などの削減
  • 土地探しや書類づくり、建築工事など、新築に関する一連の業務を自社で展開

このようにコストを大幅にカットすることで、安い価格で家を建てることができるのです。

 

ローコスト住宅のデメリットを解消​

リビング

ローコスト住宅のデメリットは、次の4つです。

事前に理解して、しっかりと解消していきましょう。

 

間取りを自由に決められない​

ローコスト住宅は、用意されているプランの中から間取りを決めていきます。

そのため間取りへの自由度がなく、理想の家づくりができないケースもあるでしょう。

  • 土地の形状にあった家にできるのか
  • 憧れのキッチンスタイルは採り入れられるのか
  • 希望の部屋数を確保できるのか
  • 広いリビングにしたい
  • 玄関に収納を作りたい

このような希望を叶えるにはどうしたらいいのでしょうか。

 

用意されている間取りのプランが多い業者にお願いして、選択の幅を広げていきましょう。

ローコスト住宅の間取りプランは、さまざまな状況や家族構成、周辺環境などを考慮したものです。

人気が高く、利用しやすいプランを中心に揃っているので、極めて個性的な間取りでない限り、希望に近い形を見つけることができるでしょう。

 

設備を自由に選べない​

ローコスト住宅は、キッチンや洗面化粧台、浴室や窓など、さまざまな設備が標準装備されています。

このように決められたものを取り付けることで、コスト削減に繋がります。

しかしコスト削減の目的から、設備のグレードが低く設定されている業者も少なくありません。

設備の内容は、生活のしやすさに直結するので、妥協したくはないところです。

 

施工業者を選ぶ際には、設備のグレード感を見ておきましょう。

基本的に大手メーカーの商品で、標準機能が搭載されているものであれば、使用感に不足は感じられないハズです。

もしハイグレードの物を採り入れたい場合は、オプションで対応できないか確認してみましょう。

もちろんオプションの費用は掛かるので、あまりこだわり過ぎず「希望」と「費用」の落としどころを見つけていくことが大切です。

 

オプションついては、別の記事で詳しくまとめているので、ぜひ参考にしてください。

関連記事:企画型注文住宅のオプションの種類一覧|平均費用・相場もまとめました

 

耐震性や断熱性など性能が悪いケースがある​

家全体の性能である、耐震性や断熱性などが低いローコスト住宅もあります。

もちろん建築基準をクリアしていないと家を建てることはできないので、最低限の環境を整えることはできるでしょう。

しかし耐震性が低いと大きな地震に耐えることができないかもしれませんし、耐熱性が低いと冷暖房の利用頻度が高くなり電気料が高くなります。

 

家の性能は等級などであらわすことができる項目もあるので、施工業者を選ぶ際には必ず確認しておきましょう。

後は家の性能について、担当の方にしっかりと説明を伺うことが大切です。

 

家の性能もオプションでグレードを上げることができますが、かなり大きな費用が加算されるので、1から計画する注文住宅と変わらない住宅価格になるかもしれません。

家の性能に力を入れているローコスト住宅もあるので、施工業者選びは慎重にしていきましょう。

 

ローコスト住宅のメリット​

キッチン

では次に、ローコスト住宅のメリットを見ていきましょう。

 

家を建てる費用が抑えられる​

ローコスト住宅の最大のメリットは、建築費用を安く抑えられることと先述しました。

ではさらに建築費用が安く済むことで、どのようなメリットが生まれるのか、深堀していきます。

  • 建築費用が安いので、収入が低い時期の若い方も住宅ローン審査が通りやすい
  • 頭金がなくても、毎月の支払額に負担を感じない
  • 家族の成長と共に、家の建て替えができる
  • 毎月の返済額が抑えられるので、生活や教育費などを充実させられる
  • 土地に費用をかけられる

 

このように、建築費用が安く済むというこから、さまざまなメリットが派生しました。

特に経済的な安定がまだもてていない、若い世代の方にはおすすめの住宅です。

 

建築期間が短くて済む​

ローコスト住宅は、1から家づくりを始める注文住宅と比較すると、建築期間が短くなります。

ローコスト住宅は、決められたプランの中から間取りなど選んでいくので、打ち合わせの回数も少なくすみます。

また施工方法なども規格が定まっているため、現場の進みもスムーズです。

 

ローコスト住宅が向いている人​

建築風景

ローコスト住宅の特徴や、メリット・デメリットを踏まえて、どのような人に向いているのか見ていきましょう。

【建築費用が安いから】​

  • 毎月の住宅ローンを低く設定したい
  • 頭金がなく、収入もまだ安定していない
  • 坪単価が高いエリアに家を建てたい
  • 老後に家を建て直したい
  • 所有している土地に低価格で家を建てたい

 

【規格やプランがあることから】

  • 短期間で家を建てる必要がある
  • 忙しいので、家の打ち合わせに時間をかけられない
  • インテリアなどに自信がないので、ある程度おまかせしたい
  • 家へのこだわりが薄い
  • 建売住宅よりは自由度が欲しい

このような方は、ローコスト住宅の魅力を最大限に、活かすことができるでしょう。

 

まとめ​

注文住宅 キッチン

ローコスト住宅が、低価格で家を建てることができる理由は、大幅なコストカットです。

安い材料をつかったり、グレードの低い設備を整えるのではなく、独自の仕入れルートを開拓したり、全ての工程を自社で請け負ったりと、さまざまな工夫と努力がみられます。

 

費用面でメリットの大きいローコスト住宅ですが、間取りや設備に自由度がないことや、性能への不安がデメリットとしてあげられます。

  • 間取りプランが多く用意されている施工業者を選んで、選択の幅を広げる
  • 設備のグレードを確認して、必要であればオプションで対応してもらう
  • 家の性能に力を入れている施工業者を慎重に選ぶ

 

ローコスト住宅であれば、低価格で高品質な家づくりを叶えることができます。

予算内で、理想の家づくりを目指していきましょう。

 

 

弊社アクティブハウスでは、企画型注文住宅の自由設計をもって、ご家族の生活にあった家づくりをお手伝いします。

モデルハウスの見学会も行っていますので、実際の家をご覧いただきながら、ぜひ家づくりについての理想をお聞かせ下さい。

家族にあった間取りの整え方など、これまでの経験を活かしご提案させていただきます。

 

モデルハウス予約

 

愛知・千葉で企画型注文住宅をお考えの際は、アクティブハウスにご相談ください

愛知県、千葉県でローコスト注文住宅を建てるならアクティブハウス

ローコストでありながら、注文住宅のような自由度のある企画型注文住宅。

愛知・千葉で、企画型注文住宅をお考えの方は、ぜひアクティブハウスにご相談ください。

  • 毎月の支払いが、今の家賃より安い家を建てたい
  • 家を建てたいけど、全くイメージがもてない
  • 家族構成に合った家づくりの提案をしてほしい
  • 丈夫で過ごしやすい家にしたいけど、お金はかけたくない
  • 今どきのオシャレな家に住みたい

 

「住宅ローンや土地探しもしていないけど、取り合えず話を聞いてみたい」そんな0からのスタートにもお役に立ちます。

ローコストを実現できているのは、プランを設定することで大幅なコストカットができているからです。

 

さらに土地探しから建築、アフターサポートまでを自社がまとめて対応、共同ネットワークによる仕入れ値の引き下げ。

ローコストでありながら、耐久性が高く快適な住まいづくりをお約束します。

 

アクティブハウスでは、企画注文住宅の全てがわかる資料ご用意しています。

もっと詳しく知りたいと思ってくださった方は、ぜひ手に取ってご確認ください。

資料請求

監修者情報

user

アクティブハウス

多くのプランから選べるリーズナブルな企画型住宅

建設業許可番号一般建設業許可 許可番号 国土交通大臣許可(特-1)第25561 号