下書きプレビュー中
30秒でカンタン
資料請求
来場予約
30秒でカンタン
資料請求
来場予約
コラム
住まいづくりのお役立ちコラム
2021.07.26
企画型注文住宅のキッチンの種類と選び方|失敗例も紹介

注文住宅のキッチンの種類と選び方|失敗例も紹介

企画型注文住宅購入を検討される際、こだわる方が多いのがキッチン。
毎日使う場所ですし、家の雰囲気を大きく変える場所なので、キッチン選びでは失敗したくないですよね。

今回の記事では、

  • 企画型注文住宅のキッチンの種類
  • 企画型注文住宅のキッチンの選び方
  • 企画型注文住宅のキッチン選びで後悔した失敗例

これらをまとめました。
最後まで読んでいただくことで、企画型注文住宅のキッチン選びの役に立つはずです。

 

目次
企画型注文住宅のキッチンの種類
企画型注文住宅のキッチンの選び方
企画型注文住宅のキッチン選びで後悔した失敗例

 

企画型注文住宅のキッチンの種類

注文住宅のキッチンの種類

企画型注文住宅のキッチンには、以下の6種類があります。

  • アイランドキッチン
  • ペニンシュラキッチン
  • I型キッチン
  • Ⅱ型キッチン
  • L型キッチン
  • U型キッチン

では、それぞれの特徴について解説します。

 

アイランドキッチン

アイランドキッチンは、島のように四方が壁から独立しているキッチンです。
開放感が魅力的で、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭でも、お子さんの様子を見ながら料理ができます。

 

ペニンシュラキッチン

ペニンシュラキッチンは、半島のように壁から突き出たような形状のキッチンです。
アイランドキッチンと同様、開放感が魅力です。

 

Ⅰ型キッチン

I型キッチンは、壁に沿って作られたキッチンで、最もシンプルな形状です。
料理時の導線も横移動だけで済みます。

 

Ⅱ型キッチン

Ⅱ型キッチンは、調理台とシンクがそれぞれ独立して2台になっているキッチンです。
調理台に立っていても、後ろを向くとすぐにシンクがあるので便利です。

 

L型キッチン

L型キッチンは、文字通りL型をしているキッチンです。
スペースが広く、家電を置くのにも使えます。

 

U型キッチン

U型キッチンは、文字通りU型をしているキッチンです。
利用者の周りを囲むように設置されるので、家具の設置などを上手くおこなえば、身体の向きを変えるだけで調理台に向かったり、コンロを利用したりできます。

 

企画型注文住宅のキッチンの選び方

注文住宅のキッチンの選び方

企画型注文住宅のキッチンの選び方の基準はさまざま。
今回の記事では、以下の6つの基準を軸にした選び方をご紹介します。

  • 収納スペース
  • お手入れのしやすさ
  • サイズ
  • 高さ
  • ワークトップの素材
  • 家事導線

では、それぞれについて見ていきましょう。

 

収納スペースで選ぶ

キッチンでは、調理道具や調味料など、多くのものを使用します。
そのため、収納が充実していると便利です。

キッチンの収納スペースには、シンク下、カップボード、昇降式吊戸棚、パントリーなどがあります。
使用頻度の高い調理器具は手の届く範囲の収納し、調味料は目の高さに保管するのがおすすめです。
パントリーには、日持ちするものや、災害用の食料を保管しておきましょう。

 

お手入れのしやすさで選ぶ

キッチンや、周りの床の素材によって、お手入れのしやすさが変わります。
キッチン周りの床は油などで汚れやすいので、複合フローリングにすることで汚れを拭きとりやすくなるでしょう。

キッチンについては、コンロをIHにすると凹凸がなく、掃除がしやすいです。
また、シンクに傾斜をつけると汚れが排水溝に流れやすくなります。
立ち上がりも汚れが飛び散りにくくなるので、設置するのがおすすめです。

 

サイズで選ぶ

キッチンのサイズですが、企画型注文住宅の場合目安は幅255cm程度です。
ただし、キッチンの種類によって多少変わってきます。

調理スペースは幅75cm以上あれば、まな板やお皿を置いても十分ゆとりがあります。
コンロは60cm幅が主流です。
奥行は55~65cm程度が目安で、奥行きがあるほどものを多く置けますが、あまりスペースがありすぎると奥まで手が届きづらくなるので注意です。

キッチン自体だけでなく、キッチンの通路の幅も考慮する必要があります。
通路は狭いほど冷蔵庫などとの導線が短く成りますが、複数人で利用するのが難しくなります。
反対に、通路が広いと複数人でキッチンに立てますが、家事導線が長くなり作業の効率は落ちるのが欠点です。

 

高さで選ぶ

キッチンで最も使いやすい高さは、「身長÷2+5cm」です。
例えば、身長160cmの方であれば、85cmが丁度良い高さになります。
もしキッチン前にカウンターを設ける場合は、70cm程度を目安にすると使いやすいです。

 

ワークトップの素材で選ぶ

ワークトップの素材はお手入れのしやすさやオシャレさを左右します。
人工大理石は何より高級感があってオシャレですし、手入れもしやすいです。
ステンレスは傷つきにくく、錆びないので清潔感を維持できます。

 

家事導線で選ぶ

家事導線を意識したキッチン設計をすることで、家事の効率が大きく変わります。

料理を運ぶ手間を省きたいなら、キッチンの横にダイニングテーブルを設置すると楽です。
また、水やお米などは重いので、玄関近くにパントリーなどの収納スペースがあると良いでしょう。
冷蔵庫やレンジなどの家具の設置位置にも気をつけると、家事がスムーズにできます。

キッチン以外の水回りとの回遊性も意識すると良いです。
無駄な動きをしなくて済むような導線を設計すると、家事の負担が軽減されます。

 

企画型注文住宅のキッチン選びで後悔した失敗例

注文住宅のキッチン選びで後悔した失敗例

企画型注文住宅のキッチン選びで後悔しないためにも、実際にあった失敗例を見て学びましょう。

アイランドキッチンは開放感が魅力で憧れる方が多いのですが、良いことばかりではありません。
スペースを広くとるので、思った以上にダイニングスペースが狭くなってしまったり、キッチンの周りをお子さんが駆け回って料理に集中できないといった事例があります。

床下に収納スペースを設置する際も注意です。
確かに見た目がスッキリするのですが、あまり深くし過ぎると物の出し入れが大変で、結局使わなくなってしまうことがあります。

キッチン周りの家具の設置も、実際の使用シーンを想像してから決めないと、思わぬマイナスが発生します。
例えば、レンジと冷蔵庫の距離が近すぎてそれぞれのドアがぶつかり合ってしまい、同時に開けないといったこともあり得ます。
一見些細なことでも発生頻度が高いとストレスになるので注意です。

コンセントの数にも気をつけましょう。
数自体はタコ足配線で対応できますが、あまりに数を増やし過ぎた結果アンペア数が足りず、ブレーカーが落ちるので同時に多くの家具を使えないという事例があります。

 

千葉県・愛知県で企画型注文住宅を建てるならアクティブハウス

 

愛知県、千葉県でローコスト注文住宅を建てるならアクティブハウス

もし愛知県、千葉県で企画型注文住宅の建築を検討されている場合は、弊社アクティブハウスがきっとお役に立てます。
もちろんオプション選びのご相談も承ります。

アクティブハウスはローコスト住宅の建築を可能としており、月々のコストは3万円台から承っております。
一般的な賃貸住宅の家賃よりも安価です。

アクティブハウスがなぜこれだけのローコストを実現できるのかというと、以下の4つの要因によります。

  • 全国ネットワークによりメーカー品を安く仕入れる
  • 多くの建築実績から抽出した無駄のないプラン
  • 打合せの効率化
  • 無駄のないワンストップ制で、まとめて対応

住宅の建築にかけるコストを抑えることで、あなたの資金計画にゆとりが生まれます。
それにより、あなたの人生をより豊かなものにできるでしょう。

また、ローコスト住宅でありながらデザインを数種類から選べたり、DIYによってより理想の家に近づけたりできます。
ローコスト住宅でも、あなたが満足できるようなおしゃれな家にすることは可能です。

もしご興味がございましたら、ぜひお気軽にアクティブハウスにお問い合わせください。

監修者情報

user

アクティブハウス

多くのプランから選べるリーズナブルな企画型住宅

建設業許可番号一般建設業許可 許可番号 国土交通大臣許可(特-1)第25561 号