下書きプレビュー中
30秒でカンタン
資料請求
来場予約
30秒でカンタン
資料請求
来場予約
コラム
住まいづくりのお役立ちコラム
2021.06.28
ローコスト住宅とは?安さの理由・メリット・デメリット・注意するポイントを紹介

ローコスト住宅

 

「ローコスト住宅って、よく耳にするけどいったい何だろう?」

「住宅が安いってことは、なにかデメリットがあるんじゃないかな?」

と考えている方は、今回の記事は必見です。

安く住宅が建てられるイメージはあるけど、どれくらい安いか、そんなどんな特徴があるのか、というような疑問を持つ人も少なくありません。

では、これからローコスト住宅の基本的な情報について説明をしていきます。

 

コラムのポイント

  • ローコスト住宅とは1,000万円代で一軒家が建てられる住宅のこと
  • 悩んだら地域を拠点にしている企業を選ぶのがおすすめ
目次
・ローコスト住宅とは?
・ローコスト住宅のメリット・デメリットについて
・注意するポイントについて紹介
・まとめ:ローコスト住宅を検討しているのならアクティブハウスへ!

 

ローコスト住宅とは?

白いローコスト住宅

ローコスト住宅とは、一般的な戸建て住宅と比べて安価な費用で建築ができる住宅のこと。

ちなみに弊社の提供するローコスト住宅は1400万円台から建てることができます。一般的な住宅にかける費用は3,000万円以上かかることも多いため、ローコスト住宅を選ぶことでグッと費用を抑えることができるでしょう。

 

なぜローコスト住宅は安いの?

一般的な住宅に比べると、ローコスト住宅は費用が安いため不安になる人も少なくないもの。

「なにか住宅に問題があるのでは…?」と不安を抱く人もいらっしゃるでしょう。

これから費用が安い理由について説明します。

大量購入による材料費のコスト削減

「材料費が安いから、低価格の住宅を提供できている」ということは間違いではありません。ここで注意すべきことは、粗悪な建材を住宅につかっているわけではないということです。

ローコスト住宅は、同じような間取り・設備の住宅を大量に建設していきます。

どの住宅でも使用する建材は同じグレードのものであり、材料を大量仕入れすることができます。

ちなみに弊社アクティブハウスは、共同仕入れネットワークを導入しており、安く建材の仕入れをしコストを抑えています。

効率アップによる人件費の削減

人件費の削減も、ローコスト住宅を安くするための理由の一つです。

弊社であれば無駄のないワンストップ制で費用を抑えています。土地探しから施工、そして数年住んだ後のリフォームまで弊社で承っています。

自社で住まいにまつわることを全てをおこなうため、費用を抑えるだけでなく、スムーズな家にまつわる情報共有・施工を可能にしています。

広告宣伝費の削減

ローコスト住宅の特徴の一つに、大規模な広告をしないことで広告宣伝費を低くすることができることが挙げられます。

大手住宅メーカーのように、大々的に広告を打たないため、費用を抑えることができるのです。

 

ローコスト住宅のメリット・デメリットについて

くつろぎリビング空間

家を購入する前にはメリット・デメリットをしっかりと理解することが大切です。では、ローコスト住宅にはどのようなメリット・デメリットがあるでしょうか?

ローコスト住宅のメリット

この2つのポイントがローコスト住宅のメリットです。

  • 住宅ローンが組みやすく支払いもしやすい
  • 間取りが変更しやすい

では、この2つについて詳しく見ていきましょう。

住宅ローンが組みやすく支払いもしやすい

ローコスト住宅の一番のメリットは、やはり費用が安いことです。そのため住宅ローンも組みやすく、支払いもしやすいです。

収入の少ない若い夫婦であれば、なるべく住宅にかける費用を少なくしたいもの。
費用を考えて集合住宅に選ぶと、騒音トラブルを気にし、子どもが自宅でのびのびあそべないといった問題も起こります。

ローコスト住宅であれば、費用を気にすることなく一軒家で遊ばせることができるでしょう。

また期間を長くして月々の返済をさらに少なくすることで、集合住宅よりも費用を抑えることができるケースもあります。

「支払いしやすく快適に過ごせる一軒家をがいい」と考えているファミリーにおすすめです。

間取りが変更しやすい

壁や間仕切りが最低限しかないのも、ローコスト住宅のメリットです。

お子さまの成長や生活のサイクルに合わせて間取りを変更することができます。

たとえば、子どもが小さいうちは子ども部屋がまだ必要ないから部屋を広々と使えるようにし、成長したときに部屋を作るといったように変更することができます。

ライフスタイルごとに住みやすい部屋の使い方は違うため、変更しやすいのもメリットでしょう。

ローコスト住宅のデメリット

もちろんローコスト住宅にもデメリットがあります。

  • 耐久性・断熱性などに不安がある
  • 間取りや設備があらかじめ決められている

この2つのポイントについて紹介していきます。

耐久性に不安がある

ローコスト住宅はもちろん、建築基準法を遵守しているため耐震性・耐火性においては一定の水準をクリアしています。

しかし、安価なグレードの建材を使用しているため、耐久性には若干の不安があることも。

住宅を長持ちさせたいのでしたら、メンテナンスを欠かさないようにしましょう。

設備があらかじめ決められている

ローコスト住宅がなぜ安いかというと、規格住宅であるからです。

そのため間取りや設備の細かい部分を選ぶことができません。用意されたプランのなかから選ぶため、デザインの自由度は低いと言えます。

しかしこれから一軒家を持つと考えると、どうしてもこだわりたい部分もあるもの。

弊社であればオプションで設備の変更も可能なため、こだわりの内容をぜひお聞かせください。できる限り理想に近づけられるように取り組みます。

注意するポイントについて紹介

おしゃれなリビング

 

地域性に合った建材や設備選び


とにかく大切なのは、地域性に合わせた建材・設備を選ぶことです。

地域によっては暑さ・寒さ・雨量などが違い、住宅に求められる機能も地域ごとに大きく異なります。

もし湿度が高く暑い地域に家を建てたいのでしたら、風通しが良く断熱性の高い住宅が必要になるでしょう。雨がたくさん降る地域でしたら、防水性の高い住宅が必要になります。

もし建築会社で悩んでいるのでしたら、地域を拠点にしてローコスト住宅を提供している会社を選んでみましょう。

住宅の地域についての詳しい知識があるので、必要な機能のある住宅を作り上げるでしょう。

どんな家が建てられるのか実際に確認する

どんな家が建てられるのか確認することも、大切なことと言えます。もし気になる会社にモデルルームのように確認できる物件があれば訪れてみましょう。

もし住宅に関する疑問があるのでしたら、スタッフに問い合わせてみるのもおすすめです。

まとめ:愛知県・千葉県のローコスト住宅を検討しているのならアクティブハウスへ!

愛知県、千葉県でローコスト注文住宅を建てるならアクティブハウス

当社アクティブハウスでもローコスト住宅を扱っております。

1400万円から住宅の提供を行なっているため、一般的な賃貸住宅の家賃よりも安価に済ませることができます。月々3万円から家を建てる

ちなみに当社がローコスト住宅を実現しているのは、以下の4つのポイントが理由になります。

  • 全国ネットワークによりで安価な仕入れを実現
  • 建築実績から抽出した無駄のないプラン
  • 打合せの効率化
  • ワンストップ対応


また、ローコスト住宅でありながらデザインも豊富であるため、満足できるようなおしゃれな家にすることができるでしょう。

施工事例はこちらになります。

「そろそろ家族のためにも家を建てたい」と考えているのでしたら、ぜひお気軽にアクティブハウスにお問い合わせください。

 

監修者情報

user

アクティブハウス

多くのプランから選べるリーズナブルな企画型住宅

建設業許可番号一般建設業許可 許可番号 国土交通大臣許可(特-1)第25561 号