FULL Supportフルサポート
企画型住宅ACTIVE HUSE
ネクストグループの新ブランドです。
地震に強い住まい
住まいは建てた時だけではなく、
将来にわたって耐震性を始めとした様々な性能が
確保されなければいけません。
アクティブハウスは地震などの災害に強い住まいをお約束します。
耐震等級3標準仕様
耐震性【耐震等級3】
数百年に一度程度発生する地震力の
1.5倍の力による水平力に対して
構造躯体が倒壊、崩壊等しないように対策を講じます。
アクティブハウスは日本最高レベルの
耐震等級3の耐震性を標準としています。
住まいを強固に支えるベタ基礎
アクティブハウスはあらゆる条件下にも最適な建物重量を地盤に伝える鉄筋コンクリート一体型のベタ基礎を採用。
地震や台風などの際におきるねじれやゆがみを食い止め、衝撃を地盤へ逃がすことが可能なため、剛性の高い基礎を実現させています。
高剛性構造の床
床には、床張りと床合板を一体化させた高剛性構造を採用しています。
このため、地震や台風時に加わる大きな負担に対しても強い剛性を発揮し、変形や破壊が発生しにくい構造となっています。
また、梁と床合板の間に隙間をつくらないことで、気密性や断熱性の効果を上げることにも貢献しています。
未来基準の
ZEHの家
アクティブハウスは2030年に義務化予定の
省エネ基準に適合した高気密・高断熱・高遮熱仕様で
一年を通してご家族が健やかに暮らせる住まいを
実現します。
※建上地、ご希望のプランや仕様によっては
クリアできない場合もあります。
詳しくはお問い合わせください。
2030年以降は
省エネ基準をクリアした家しか
建てられない
2015年4月から完全施行された省エネ基準により、2030年には、すべての新築住宅に省エネ基準の適合化が義務づけられ、この基準を満たした家しか建てられなくなります。
省エネ性能が足りていない住宅は、2030年以降は「既存不適格物件」と判断される可能性が高くなります。それにより、後から追加工事が必要になったり、住宅ローンの優遇措置が期待できなくなるなどのデメリットが想定されます。
未来の省エネ基準に対応する住まい
少ないエネルギーで
快適な住まいを
アクティブハウスは省エネ基準を強化した「高断熱基準」をZEH基準としております。住宅の壁や窓、屋根などの住宅の内側と外側を仕切る面の断熱性能を高くすることによって冷暖房に使うエネルギー量を減らすことができるのです。
ロックウール製
断熱材
日本の気候や風土に合う為、多くの住宅に採用されています。間取りの自由度が高く、増改築も比較的容易です。鉱物由来の素材のため、燃えにくく湿気に強い断熱材です。また騒音にも強く、防音性も期待できます。
ロックウールのメリット
1断熱性
熱伝導率0.038W/(m・k)
高性能グラスウール16k・GW24kと同等
各種厚み別、熱抵抗値(㎡・k/w)
高性能グラスウール16k・GW24kと同等
2耐熱性
700℃加熱 形状保持
3耐火性
延焼を抑え、有毒ガスの発生もなし
4耐水性
結露・水に強く耐久性がある
5防音性
高い密度で音を遮る
6吸音性
繊維系断熱材として最高峰
あんしん01
ネクストグループだから
すべてがワンストップ!
あんしん02
ネクストグループだから
不動産情報もワンストップ!
あんしん03
ネクストグループだから
建てた後もワンストップ!