COLUMN

家づくりコラム

コラム

注文住宅で叶える憧れのランドリールーム|ちょうどいい間取り・広さは?

洗面室兼用ランドリールームが便利

>施工事例:注文住宅で叶える憧れのランドリールーム(みよしモデル)

スタイリッシュで効率的な「洗濯」間取りとして人気のランドリールーム。

ランドリールームをつくることで「洗う・干す・取り込む・畳む」という一連の洗濯家事の工程を1ヵ所で完結させることができます。

今回は、注文住宅でランドリールームをつくるメリット・デメリットとその対策方法をはじめ、使い勝手のいい間取りや広さを選ぶポイント、価格相場を解説していきます。

ランドリールームの設計スタイルが分かる実例もぜひ参考にしてみてくださいね。

ライン

このコラムのポイント

  • ランドリールームのある注文住宅実例と間取りパターンを紹介します。
  • 注文住宅にランドリールームをつくるメリット・デメリット、対策方法を解説します。
  • 使い勝手のいい間取り・広さのポイントや価格相場もチェックしておきましょう。

ライン

目次
【実例】ランドリールームのある暮らし
ランドリールームをつくるメリット
ランドリールームをつくるデメリットと対策方法
使い勝手のいいランドリールームの間取り・広さとは?
ランドリールームの費用相場
まとめ:憧れの空間・生活を叶える間取りづくり

【実例】ランドリールームのある暮らし

まずは、ランドリールームの代表的な間取り例を参考に、レイアウトの工夫やおすすめの使い勝手について見ていきましょう。

 

無駄のない兼用設計が便利

間取りに無駄のないランドリールーム設計

ランドリールームとは、「洗濯」に関係する家事全般を行うための部屋を言います。

洗濯物を干すために重い荷物を持って2階に上がったり、乾いた洗濯物を取り込んで1階に下りたり…負担や移動の多い洗濯家事の効率を高めることを目的につくる間取りであることがポイントです。

洗濯機・乾燥機・物干しユニット(物干し竿)・作業台(アイロン台)・洗濯物の収納棚が設置できる広さがあれば、実現は意外と難しくありません。

そのため、まずは実例のような「洗面室兼用」間取りで使い勝手や広さを考えてみるのがいいでしょう。

>関連コラム:ランドリールームって必要?洗濯・家事動線に優れた間取りを実例解説!

 

洗濯作業室としての独立設計

ファミリークローゼットに隣接する独立設計のランドリールーム

次に、ご家族の人数が多い=洗濯物が多い場合や、収納量にもこだわった「洗濯室」としての間取りを希望する場合、洗面脱衣所とは別にある程度の空間を確保する必要があります。

その場合、洗濯機の近くに洗面の代わりとなるスロップシンク(SKシンク)があると、手洗いが必要な洗濯物や掃除道具を洗うのに便利かもしれません。

>関連コラム:ランドリールームに必要な広さとは│家事楽できる家づくりの提案

 

収納を備えた効率的なデザイン

ランドリールームの収納力も大切

洗濯動線に収納動線をつなげる、ランドリールーム+ファミリークローゼットの間取りも人気です。

洗濯後のタオルや衣類の片付けがスムーズで、リビングや来客動線から離れた、洗濯家事エリアにプライベートなご家族の収納をまとめてレイアウトできるのが魅力です。

>関連コラム:ランドリールームの湿気対策6選│収納スペースへの影響も考慮しよう

 

ランドリールームをつくるメリット

ランドリールームをつくるメリット

ランドリールームの基本的なスタイルが見えてきたところで、間取りを検討する上で活かしたいランドリールームのメリットをご紹介します。

 

洗濯動線が集約できる

ランドリールームに洗濯家事を集約すれば、重い洗濯物を運ぶ負担や移動の手間、時間を一気に節約できます。

何かと作業工程の多い洗濯家事の無駄を無くせば、生活にもゆとりが出るのではないでしょうか。

 

天気や時間に左右されない

ランドリールームがあれば、いつでも快適な屋内洗濯環境が保たれるので、雨や雪、台風など天気が優れない日でも、また夜間であっても気にせず洗濯できるのが便利です。

 

外気の影響を受けにくい

洗濯物が乾きにくい季節や花粉、黄砂、PM2.5など、外気の影響を受けずに済むのもランドリールームのメリットです。

特に普段から部屋干しが多いというご家庭では、きっとランドリールームが大活躍するはずです。

 

窓の外の景色が楽しめる

洗濯物を外に干すご家庭の場合、掃き出し窓のあるベランダやバルコニー、通りからの死角やプライベートな中庭を、洗濯物を干すスペースに利用することが多いのではないでしょうか。

せっかく、大きな窓や庭をつくっても実際は「洗濯物で景色が見えない」「事実上、洗濯物干しだけのスペースになっている」というご家庭は少なくないでしょう。

しかし、ランドリールームがあれば、窓は光や景色を取り込むものとして、庭はガーデニングやアウトドアが楽しめる場所として、本来の活用目的を果たせるようになりますよね。

 

ランドリールームをつくるデメリットと対策方法

ランドリールームをつくるデメリットと対策

続けて、ランドリールームをつくる上で知っておきたいデメリットと対策方法を解説します。

 

湿気対策が必要

ランドリールームには、カビや匂いの発生を抑えるための十分な湿気対策が必要です。

日当たりや風通しを確保する窓やドアの設置はもちろん、乾燥機を設置して天気の悪い日や夜間でも湿気がこもらないようにしておくことが大切です。

 

空間の確保と建築コスト

ランドリールームをつくる場合、床面積の確保や内装工事、電気配線工事などが必要になるため、その分、建築コストがアップします。

他の間取りが圧迫されていないか、また予算をかけるだけの機能が必要かどうかを事前によく検討して、納得した上でプランを練っていきましょう。

 

使い勝手のいい間取り・広さが重要

せっかくランドリールームをつくっても、収納が足りなかったり、狭くて使い勝手が悪かったら元も子もありませんよね。

洗濯家事が楽になる、また快適に行えることが目的ですので、間取り設計や広さ設計にはより慎重になって、実際の動きや効率を確認しながら空間をデザインしていくことが重要です。

 

使い勝手のいいランドリールームの間取り・広さとは?

考え抜けれたランドリールーム間取りが便利な家

>施工事例:大切なペットと一緒にのんびりと過ごせるお家(愛知県みよし市)

デメリットと対策方法の最後に挙げた、ランドリールームの快適な「間取り」と「広さ」について解説します。

 

【間取り】レイアウトと方角が大切

理想的なランドリールーム間取りとは、スムーズな家事動線を叶えるレイアウトと洗濯物を干すのに適した方角がしっかりと定まっていることです。

「キッチンの裏」「洗面脱衣所の横」「ファミリークローゼットと回遊する」レイアウトで、他の家事間取りとの調和をはかるのがポイントです。

また、日照時間の長い南向きに窓を設けて、風の通り道を確保しておくことも大切です。

 

【広さ】作業しやすい3畳前後が理想

一般的によく選ばれているランドリールームの広さは、3~4人家族で約2~3畳分です。

効率よく作業できる必要最低限の「広さ」を意識することで、他の間取りに負担をかけないようにすることがポイントです。

3畳前後の独立した空間確保が難しい場合は、脱衣所や洗面室と兼用にすることで解決するケースもあるので、ぜひ検討してみましょう。

 

ランドリールームの費用相場

使い勝手のいいランドリールームの間取りと広さと費用相場

>施工事例:家族に合わせて変えられる間取りとこだわりの中庭(愛知県一宮市)

注文住宅でランドリールームをつくる場合の費用相場は、約2~3畳の広さで約15~35万円と言われています。

特に洗濯除湿乾燥機の性能によって費用は前後しますが、窓からの日当たりや風通し、サーキュレーターの活用で上手く調節しながら、適切な設備を選ぶようにしましょう。

 

まとめ│憧れの空間・生活を叶える間取りづくり

家事楽おしゃれな間取りを実現する憧れの注文住宅

注文住宅でランドリールームをつくるメリットとデメリット、対策方法について解説してきました。

洗濯家事の手間と負担を減らして、効率的な家事作業を叶える空間として、ぜひ取り入れたい人気の間取りですが、床面積や建築コストの増加も理解した上で、バランスのいい間取りや広さを慎重に検討してみましょう。

 

弊社アクティブハウスでは、企画型注文住宅の自由設計をもって、ご家族の生活にあった家づくりをお手伝いします。

モデルハウスの見学会も行っていますので、実際の家をご覧いただきながら、ぜひ家づくりについての理想をお聞かせ下さい。

子育てしやすい間取りについても、これまでの経験を活かしご提案させていただきます。

 

モデルハウス予約

 

愛知・千葉で企画型注文住宅をお考えの際は、アクティブハウスにご相談ください

愛知県、千葉県でローコスト注文住宅を建てるならアクティブハウス

ローコストでありながら、注文住宅のような自由度のある企画型注文住宅。

愛知・千葉で、企画型注文住宅をお考えの方は、ぜひアクティブハウスにご相談ください。

  • 使い勝手のいいキッチンをつくりたい
  • 毎月の支払いが、今の家賃より安い家を建てたい
  • 家を建てたいけど、全くイメージがもてない
  • 家族構成に合った家づくりの提案をしてほしい
  • 丈夫で過ごしやすい家にしたいけど、お金はかけたくない
  • 今どきのオシャレな家に住みたい

 

「住宅ローンや土地探しもしていないけど、取り合えず話を聞いてみたい」そんな0からのスタートにもお役に立ちます。

ローコストを実現できているのは、プランを設定することで大幅なコストカットができているからです。

 

さらに土地探しから建築、アフターサポートまでを自社がまとめて対応、共同ネットワークによる仕入れ値の引き下げ。

ローコストでありながら、耐久性が高く快適な住まいづくりをお約束します。

 

アクティブハウスでは、企画注文住宅の全てがわかる資料ご用意しています。

もっと詳しく知りたいと思ってくださった方は、ぜひ手に取ってご確認ください。

資料請求

Supervision

東京・千葉・愛知の企画型注文住宅 アクティブハウス

建設業許可番号

特定建設業許可 許可番号 国土交通大臣許可(特-1)第25561 号