下書きプレビュー中
30秒でカンタン
資料請求
来場予約
30秒でカンタン
資料請求
来場予約
コラム
住まいづくりのお役立ちコラム
2022.03.31
20代のマイホーム計画│後悔しないためのポイントをご紹介!

ロックスタイルの外観パース

マイホームを建てたいと思うタイミングは人それぞれなので20代が早い、60代が遅いなどということは決してありません。

しかし年齢によって、今の環境やこれからの生活、家族の変化などの違いはあるはずです。

それぞれによさもありますし、後悔に繋がることもあるでしょう。

 

こちらの記事では、そんなマイホーム計画に後悔しないためのポイントを、20代に焦点をあててご紹介します。

就職して数年たった20代の方にとっても、そろそろマイホームを建てたいなと思うタイミングがあるはずです。

しかし大きなローンを組むことや、これからの生活への変化に不安を覚えることもあるでしょう。

 

そんな不安を解消するには、後悔に繋がるポイントを事前に知ることが大切です。

後悔に繋がるポイントを回避・対策・理解して、慎重にそして楽しくマイホーム計画を進めていきましょう。

 

ライン

コラムを読んでわかること

  • 20代で家を建てるとどのようなことに後悔しがちなのか
  • 20代でマイホーム計画をする、メリットから分かる魅力

ライン

 

目次
20代のマイホーム計画│後悔しないためのポイント​
20代でマイホームを建てるメリット​​
まとめ

 

20代のマイホーム計画│後悔しないためのポイント​

総二階建て住宅

20代でマイホームを建てると、どのようなことに後悔するのでしょうか。

事前にポイントを抑えておくことで、対策を立てることも心構えをもつこともできます。

理想の新築計画のために、ぜひご覧ください。

 

住宅ローン返済の月額はできるだけ抑える​

20代で家を建てる際には、できるだけ住宅ローン返済の月額を低く設定しておきましょう。

その理由は2つあるので、それぞれご説明していきます。

 

  • 【収入が安定していないから】

20代は働きだしてまだ年数が浅いので、他の年代と比較すると収入が低い傾向にあります。

働き方によって差はありますが、勤続年数、昇給、昇格など、同じ会社に長く身を置くことで収入が増えていく企業がほとんどです。

まだその入り口にいる20代は、現状の収入として十分ではないかもしれません。

年齢的に35年でローンを組むことは可能なので、短いスパーンで返済しようと考えないことをおすすめします。

また借入金額もできるだけおさえて、無理のない返済を計画していきましょう。

 

  • 【生活にお金がかかるから】

マイホームを建てる理由はさまざまですが、その多くが「結婚」や「子育て」です。

どちらもこれから生活が大きく変わるタイミングなので、生活にかかるお金が見えてこない、又は増えることが予想されます。

 

とくにお子さんが産まれると、出産のためにお母さんは産休に入りますし、育児のために両親のどちらかが仕事をセーブしなくてはいけないかもしれません。

そうなると収入を大きく減らすことになります。

 

また保育園が見つからず、認可外の保育園を利用したり、シッターを頼んだりすればかなりの出費になります。

小学校に入れば習い事、中学校に入れば塾と、子どもの教育費はかさむ一方です。

 

無理のない計画を立てておけば、貯金を増やすことができます。

定期的に住宅ローンの見直しをして、繰り上げ返済を目標にするのもいいですね。

 

転勤や転職する際のリスクを理解しておく​

20代は仕事について年数が浅いので、今後も長く勤務できる仕事なのか、自分に合った職種なのかなど、まだ定まっていないかもしれません。

また会社の動きも見えにくい立場にいるので、転勤や部署替えの対象になるのか分かりづらいものです。

 

このようなことから転職・転勤となるリスクも考えておきましょう。

マイホームを建てた後であれば、単身赴任という選択肢の比重が大きくなるかもしれません。

また家族みんなで引っ越すことになれば、賃貸か売却という判断になるでしょう。

 

利便性のいい間取りにする​

結婚や出産のタイミングで家を建てる場合は、家族構成が定まっていないので、間取りを決めるのに迷うことも多いでしょう。

例えば子ども部屋をいくつつくるべきなのか、これから家族との生活が始まるタイミングで見極めることはできません。

子ども部屋に関しては、大きな部屋を1つつくって、お子さんの成長と共に間仕切りする方法がおすすです。

人数分仕切ることは難しいかもしれませんが、男の子と女の子の部屋を分けることができるので、十分対応することができます。

 

また家族の人数が関係してくるのが、トイレの数です。

トイレは収納や階段下、階段の踊り場などを利用して増設することができます。

コンパクトなトイレであれば、半畳ほどでつくれるので、他の間取りに影響することもありません。

家族が増えてトイレが足りない感じたら、増設することで対応していきましょう。

 

20代でマイホームを建てるメリット

次に20代でマイホームを建てるメリットを見ていきましょう。

後悔しないためのポイントを抑えれば、ほとんどのデメリットを軽減することが可能です。

20代で家づくりをする魅力に触れて、今後のライフプランを検討していきましょう。

 

住宅ローンの完済が早い​

住宅ローンは35年で組むことがほとんどです。

25歳で住宅ローンを組めば、60歳で完済することができます。

これからの年金がどのようになるか不安な中、60歳から住宅費がかからないのは大きなメリットと言えるでしょう。

 

生活環境が整いやすい​

20代で家を建てる理由の一つに、子育てしやすい環境を整えるということが挙げられます。

アパートやマンションで生活をしていると、お子さんの足音や泣き声、壁をたたく音などで、お隣や真下の方に迷惑をかけていないか気がきではありません。

お子さんに声かけすることに疲れてしまいますし、お子さんにのびのびとした暮らしを整えたいと思うでしょう。

 

家のつくりにもよりますが、最近の住宅は気密性が高いので、家からの音が外に漏れにくい、外からの音が気にならないという遮音性に優れています。

家の中で大きな音を出しても近隣に届きませんし、壁を伝って響くこともありません。

逆に静かな環境が整うので、お子さんにゆっくりとお昼寝をさせられますし、お勉強に集中できるでしょう。

 

将来の建て替えが可能になる

20代で家を建てるタイミングは、結婚や出産、子育て環境を整えたいなどの理由が主ですが、年齢を重ねると定年のタイミングで家を建てるケースも少なくありません。

20代で住宅ローンを組めば、60代には完済しているので、2回目の新築へのハードルがかなり低く感じられるでしょう。

 

60代になって子どもが巣立っているかもしれませんし、二世帯住宅を検討しているかもしれません。

また夫婦2人の今後のために、広いトイレや浴槽、引き戸の玄関やスロープなど、生活のしやすさにとことんこだわってもいいですね。

老後の生活に合わせた家づくりができるのも、20代にマイホーム計画を立てた大きなメリットになります。

 

まとめ​

20代でマイホームを計画したことを後悔しないために、しっかりとポイントをおさえておきましょう。

まずは住宅ローンの返済計画を慎重に検討する必要があります。

毎月の返済額を抑えることで、確実な返済と、生活の安定が図れるでしょう。

その上で貯蓄をし、住宅ローンの見直し、繰り上げ返済を検討する必要があります。

 

また20代でマイホームを建てる際には、家族構成や家族の成長、仕事の環境など、これからの変化に対応する心構えが必要です。

今後起こるかもしれないリスクについては、家族でしっかりと話しあっておきましょう。

後悔のないマイホーム計画を立てることで、20代で家をもつ魅力が感じられるはずです。

 

 

弊社アクティブハウスでは、企画型注文住宅の自由設計をもって、ご家族の生活にあった家づくりをお手伝いします。

モデルハウスの見学会も行っていますので、実際の家をご覧いただきながら、ぜひ家づくりについての理想をお聞かせ下さい。

これまでの経験を活かしご提案させていただきます。

 

モデルハウス予約

 

愛知・千葉で企画型注文住宅をお考えの際は、アクティブハウスにご相談ください

愛知県、千葉県でローコスト注文住宅を建てるならアクティブハウス

ローコストでありながら、注文住宅のような自由度のある企画型注文住宅。

愛知・千葉で、企画型注文住宅をお考えの方は、ぜひアクティブハウスにご相談ください。

  • 使い勝手のいいパントリーを作りたい
  • 毎月の支払いが、今の家賃より安い家を建てたい
  • 家を建てたいけど、全くイメージがもてない
  • 家族構成に合った家づくりの提案をしてほしい
  • 丈夫で過ごしやすい家にしたいけど、お金はかけたくない
  • 今どきのオシャレな家に住みたい

 

「住宅ローンや土地探しもしていないけど、取り合えず話を聞いてみたい」そんな0からのスタートにもお役に立ちます。

ローコストを実現できているのは、プランを設定することで大幅なコストカットができているからです。

 

さらに土地探しから建築、アフターサポートまでを自社がまとめて対応、共同ネットワークによる仕入れ値の引き下げ。

ローコストでありながら、耐久性が高く快適な住まいづくりをお約束します。

 

アクティブハウスでは、企画注文住宅の全てがわかる資料ご用意しています。

もっと詳しく知りたいと思ってくださった方は、ぜひ手に取ってご確認ください。

資料請求

 

 

 

監修者情報

user

アクティブハウス

多くのプランから選べるリーズナブルな企画型住宅

建設業許可番号一般建設業許可 許可番号 国土交通大臣許可(特-1)第25561 号