下書きプレビュー中
30秒でカンタン
資料請求
来場予約
30秒でカンタン
資料請求
来場予約
コラム
住まいづくりのお役立ちコラム
2021.08.27
注文住宅と建売の違いを解説│あなたに合った家づくりはどっち?

注文住宅の家

家をもとうと思った時、まず考えるのが注文住宅にするか建売住宅にするかではないでしょうか。

それぞれに魅力があるので、どちらがいいという訳ではありません。

 

こちらの記事では注文住宅と建売住宅の違いを、メリットとデメリットにわけてお伝えしていきます。

注文住宅と建売住宅の特徴を理解して、家族にあった家づくりはどちらなのか検討してみましょう。

 

ライン

コラムを読んでわかること

  • 注文住宅のメリット・デメリットとは、どんなものがあるのか
  • 建売住宅ののメリット・デメリットとは、どんなものがあるのか
  • 「企画型注文住宅」という建て方があること

ライン

 

目次
注文住宅と建売住宅のメリット・デメリット
注文住宅と建売住宅の中間【企画型注文住宅】という選択
まとめ
 

注文住宅と建売住宅のメリット・デメリット

建築中の家

注文住宅とは、文字通り注文する住宅のことで、家づくりが0から始まります。

一方、建売住宅とは、既に完成した建物と土地を一緒に販売している住宅のことです。

 

この大きな違いから、さまざまなメリットとデメリットが派生します。

注文住宅のメリットが建売住宅のデメリットであったり、又その逆もあります。

それぞれの特徴を理解していきましょう。

 

注文住宅のメリット

注文住宅のメリットは次の3つです。

  • 設計が自由にできる
  • 建築段階を確認できる
  • 気に入った土地に家を建てられる

それぞれ詳しく解説していきます。

 

設計が自由にできる

注文住宅の一番のメリットといってもいいのが、自由度の高さです。

間取りから外観、設備から外構にいたるまで自由に決められます。

 

  • 自分で取り寄せた照明を付けて欲しい
  • 家族で壁を塗ってみたい
  • 洗濯機を2台置きたい
  • 外から脱衣所に入れる扉をつけたい
  • 外国製の食洗器をとりいれたい

 

施工会社の判断にもよりますが、基本的に法律の範囲であれば問題ありません。

家族構成やライフプランにあわせた、住みやすい家づくりができます。

 

建築段階を確認できる

注文住宅は0からのスタートなので、家の土台となる基礎工事から始まります。

自分の家が建っていく過程をみれるのは、家づくりの醍醐味です。

 

又それぞれの建設段階を確認できるので、打ち合わせとの違いや、施工のチェックをすることもできます。

土地の地鎮祭や、上棟式などを経験するのも家族共有の思い出になるでしょう。

 

気に入った土地に家を建てられる

理想の家を建てるのも大切ですが、どんな場所に家を建てるのかも重要です。

子どもの校区や、環境の治安、高速道路やお買い物などの利便性、快適な暮らしのために土地へのこだわりをもちましょう。

 

また気に入った土地に家を建てる以外に、親の所有する土地に家を建てるケースもあります。

注文住宅は、気に入った土地、決めた土地に家を建てられるメリットがあります。

 

注文住宅のデメリット

企画型注文住宅

注文住宅のデメリットは次の3つです。

  • 家完成まで期間が必要
  • 費用が高い
  • 完成した家のイメージがしずらい

それぞれ詳しく解説していきます。

 

家完成まで期間が必要

注文住宅は0からのスタートなので、入居までに1年~1年半かかります。

細かな打ち合わせを何度も繰り返す必要がありますが、都合がつかず打合せのスパーンが長くなれば、計画の進みも悪くなります。

すぐに気に入った土地が決まるとも限りませんし、施工業者を決めるためのモデル住宅見学に足を運ぶ必要もあります。

 

一般的な木造住宅であれば着工から3~4ヶ月程度で完成しますが、工事の途中で資材の搬入が上手くいかなかったり、雨が続いて工事が進まなかったりとアクシデントはつきものです。

完成させたい期日があれば、逆算して、さらに余裕をもった計画を立てましょう。

 

費用が高い

注文住宅の費用が高い理由は、主に2つあります。

一つ目は、建てるまでの期間が長いため、多くの人件費がかかることです。

二つ目は、施主の希望をまとめた設計を1から作り上げるための設計料や、こだわりを形にすることで費用がかさみます。

 

例えば真四角の家を建てるのと、土地の形状に合わせて凹凸のある家にするのとでは、費用に大きな差が出ます。

さらに設備や建具、建材にこだわり過ぎてしまい、予算オーバーになることはよくある話です。

注文住宅を建てるなら一つ目の理由は免れませんが、二つ目の理由にある費用は可能な限り低いプランから始めていきましょう。

 

完成した家のイメージがしずらい

家の間取りや外観など、完成するまでイメージをつかむのは、なかなかと難しいものです。

パースやVRで確認できる場合もありますが、どうしても実際とのズレを感じてしまいます。

 

  • 思っていたよりドアの開閉が重い
  • 天井高がもっと高いと思っていた
  • 想像よりも光がはいらない
  • 玄関は狭くていいと思っていたけど窮屈な印象で残念
  • クロスが実際に貼ってみると明るく感じる

 

色や高さだけでなく、キッチンからの視界や床を歩いた時の感覚などは、特にわかりにくい印象です。

 

建売住宅のメリット

企画型注文住宅のリビング作りの失敗例|後悔しないようにするための注意点

建売住宅のメリットは次の3つです。

  • すぐに入居ができる
  • 購入する家を確認してから決められる
  • 購入しやすい価格設定

それぞれ詳しく解説していきます。

 

すぐに入居ができる

建売住宅を購入すると住宅ローンを組んだ場合であっても、1ヶ月~1か月半程度で入居ができます。

気に入った建売住宅が見つかった場合はもちろんですが、今の住まいをすぐに出なくてはいけない場合にも早い対応が可能です。

入居の目途が立てやすいので、引越しや転校の手続きなど、新生活の準備が進め安くなります。

 

購入する家を確認してから決められる

完成した家を購入するので、間取りや設備、収納スペースの大きさなど、実際に見て確認することができます。

家に入った時の雰囲気や光の入り方など、図面や人からの説明ではわかりづらいものです。

生活導線などをイメージしながら、家の中を歩いてみましょう。

 

購入しやすい価格設定

建売住宅は購入しやすい価格設定になっていますが、売れるために手頃な価格にしているだけでなく、安く建てられる理由があります。

設計や設備、デザインなどは基本的に規格が決まっているので、一棟ごとに費用が掛かりません。

 

また同じ材料を使うことで大量の仕入れができ、大幅なコストカットが可能です。

打ち合せなどが必要ないので、完成までの期間が最短になり、人件費などのコストも抑えられます。

結果として安く建てられる建売住宅は、購入者にとって価格面も大きなメリットとなります。

 

建売住宅のデメリット

アクティブハウスの家

建売住宅のデメリットは次の2つです。

  • 間取りや外観の変更がきかない
  • 希望のエリアに建売住宅がない場合も

それぞれ詳しく解説していきます。

 

間取りや外観の変更がきかない

建売住宅のほとんどは、完成した状態で売られているので、家族の要望通りに変更することはできません。

住みやすさは計算されていますが、そこに購入者の希望が含まれていないケースもあるでしょう。

 

さらに分譲住宅などは、同じ外観の家が建ち並ぶことも珍しくありません。

周りとの馴染みはいいですが、個性を出すことは難しくなります。

 

希望のエリアに建売住宅がない場合も

建売住宅は、生活圏などが考えられた場所にまとめて建てられるため、ほとんどが郊外にあります。

住みたいエリアが都心や、田舎の場合は建売住宅が見つかりにくいでしょう。

建売住宅がなければ、土地購入から始めるしかありません。

 

注文住宅と建売住宅には、それぞれメリットとデメリットがありました。

どちらのメリットも魅力を感じるし、どちらのデメリットも回避したいと思われたのではないでしょうか。

 

そんな方におすすめしたいのが「企画型住宅」という選択です。

全てではありませんが、注文住宅と建売住宅のメリットを兼ね揃えた建築方法になります。

 

注文住宅と建売住宅の中間【企画型注文住宅】という選択

注文住宅の内装をおしゃれにするポイントを紹介

企画型注文住宅は、家づくりに必要な項目を、用意されたプランの中から選んでいきます。

弊社アクティブハウスでは48,000通りのプランが展開されているので、希望に沿った内容にすることは十分に可能です。

プランの設定があることで、注文住宅や建売住宅の中間をいくような家づくりができ、両方のメリットを得ることができます。

 

プラン内の自由な設計

間取りやデザイン、外観や設備など、プランの中から選ぶことは必要ですが、家族にあった家づくりが可能です。

建設会社によっては、さまざまなオプションを用意していたり、ある程度の要望を通してくれたりと柔軟な対応もあります。

 

企画型注文住宅のオプションについてはコチラの記事を参考にしてください。

>>>企画型注文住宅のオプションの種類一覧

 

建築段階を確認できる

企画型注文住宅も土地に家を建てる所からはじまるので、建築過程を確認することができます。

施工内容を確認できるほか、純粋に自分の家が建っていく過程を楽しむことができるでしょう。

 

気に入った土地に家を建てられる

企画型注文住宅も、購入した土地や、親から引き継いだ土地などに立てることができます。

建売などがなかなか建たないエリアであっても、土地さえあれば建築は可能です。

 

入居するまでの期間が短縮できる

入居までの期間は、建売のように「すぐ」とはいきませんが、注文住宅よりも早く完成させられます。

  • 用意されたプランから選ぶので打ち合わせに手間がかからない
  • 用意されたプランから設計されるので、工事が進みやすい
  • 建材なども決まったもので進めるので、仕入れがスムーズ

忙しくて打合せの時間がとれない、できるだけ早く入居したいという方におすすめです。

 

建てる家を確認できる

用意されたプランで建てられる企画型注文住宅は、モデルハウスなどと大きく仕様が変わりません。

建売のように絶対ではないですが、実際に建った家とのギャップを抑えることが可能です。

 

ローコストなので建てやすい

企画型注文住宅も建売同様に、人件費・建材・デザイン費・設計費などのコストカットが可能です。

 

企画型注文住宅には、注文住宅と建売住宅の中間をとったようなメリットが多くありました。

  • 手間をかけずに、できるだけ自由な家づくりがしたい
  • 費用を抑えたいけど、設備などは妥協したくない
  • 家を建てることを楽しみたい

そんな方には、企画型注文住宅がおすすめです。

 

まとめ

企画型注文住宅

注文住宅と建売住宅の違いを、メリット・デメリットをもってお伝えしてきました。

それぞれに魅力がありますが「注文住宅のメリットが建売住宅のデメリット」そんな背中合わせのような関係性を感じます。

 

さらに、2つの中間をとった企画型注文住宅という選択も含めて、あなたに合った家づくりを検討してみましょう。

 

愛知・千葉で企画型注文住宅をお考えの際は、アクティブハウスにご相談ください

愛知県、千葉県でローコスト注文住宅を建てるならアクティブハウス

ローコストでありながら、注文住宅のような自由度のある企画型注文住宅。

間取りや外観など、設定されたプランの中から選んでいくだけで、家づくりのイメージがまとまります。

愛知・千葉で、企画型注文住宅をお考えの方は、ぜひアクティブハウスにご相談ください。

 

  • 毎月の支払いが、今の家賃より安い家を建てたい
  • 家を建てたいけど、全くイメージがもてない
  • 家族構成に合った家づくりの提案をしてほしい
  • 丈夫で過ごしやすい家にしたいけど、お金はかけたくない
  • 今どきのオシャレな家に住みたい

 

「住宅ローンや土地探しもしていないけど、取り合えず話を聞いてみたい」そんな0からのスタートにもお役に立ちます。

ローコストを実現できているのは、プランを設定することで大幅なコストカットができているからです。

 

さらに土地探しから建築、アフターサポートまでを自社がまとめて対応、共同ネットワークによる仕入れ値の引き下げ。

ローコストでありながら、耐久性が高く快適な住まいづくりをお約束します。

 

アクティブハウスでは、企画注文住宅の全てがわかる資料ご用意しています。

もっと詳しく知りたいと思ってくださった方は、ぜひ手に取ってご確認ください。

資料請求