下書きプレビュー中
30秒でカンタン
資料請求
来場予約
30秒でカンタン
資料請求
来場予約
コラム
住まいづくりのお役立ちコラム
2021.06.27
ローコスト住宅が危険って本当?後悔しない企画型注文住宅の建て方を紹介

ローコスト住宅が危険って本当?後悔しない注文住宅の建て方を紹介

「注文住宅を建てたいけど、かけられる予算はそれほど多くない・・・」

このような時に選択肢として挙がるのが、ローコスト住宅。

しかし、ローコスト住宅は危険との噂があります。
果たして実態はどうなのでしょうか?

今回の記事では、ローコスト住宅を検討している方向けのお話をさせていただきます。
今回の記事を読んでいただくことで、

  • ローコスト住宅とは何か
  • ローコスト住宅は危険といわれているが実際はどうなのか
  • ローコスト住宅が安い理由
  • 後悔しない注文住宅の建て方

これらのことがわかりますので、最後まで読んでいただけると幸いです。

目次
そもそもローコスト住宅とは?
ローコスト住宅が危険って本当?
ローコスト住宅が安い理由
後悔しない注文住宅の建て方
愛知県、千葉県でローコスト注文住宅を建てるならアクティブハウス

 

 

そもそもローコスト住宅とは?

そもそもローコスト住宅とは?

ローコスト住宅は、その名の通り一般的な注文住宅よりも建設コストが安い住宅のこと。
どのくらい安いのかというと、土地付き注文住宅の平均建築費は約2,800万円であるのに対し、ローコスト住宅は1,000万円代が多いです。
相場からすると、半分程度のコストで家を建てられるケースもあります。

坪単価はどうかというと、平均は50~60万円であるのに対し、ローコスト住宅の場合は30~50万円です。
1坪あたり10~20万円の差ですが、これが例えば40坪の土地に家を建てる場合、400~800万円という大きな差になります。

 

ローコスト住宅が危険って本当?

ローコスト住宅が危険って本当?

ローコスト住宅は安さが魅力ですが、気になるのが「ローコスト住宅は危険」という情報。
では、実際のところはどうなのでしょうか。

ローコスト住宅は、確かに耐久性が特別優れているわけではありません。
しかし、ローコスト住宅も当然建築基準法に沿って建築されるため、最低限必要な耐久性は持っています。
決して安いからといって耐久性が危険なほど低いわけではありません。

また、ローコスト住宅には安さ以外にもメリットがあります。
それは、建て替えがしやすいこと。

例えば、お子さんが自立されてから老後の生活がしやすい環境にしたかったり、親御さんとの二世帯住宅にしたかったりという、後から出てくるニーズを叶えやすいです。
多額のローンが残っている建て替えがしづらいですが、ローコスト住宅なら建て替えのハードルが低くなります。

また、ローコスト住宅は建築期間が短いこともメリット。
目安としては、一般的な注文住宅の半分くらいの期間で完成します。
建築期間が短いことで、完成までに住む物件の家賃が浮きます。

ローコスト住宅の業者の中には、確かに手抜きによってコストを削減する悪徳なものもあるようです。
よって、業者選びは慎重におこないましょう。
アクティブハウスもローコスト住宅の建築を承っておりますが、ローコストを可能にしている理由は後述します。

 

ローコスト住宅が安い理由

ローコスト住宅が安い理由

アクティブハウスをはじめ、住宅をローコストで建築できる理由は、決して手を抜いているからではありません。
然るべきコストカットによってローコストを実現しているので、ご安心ください。
では、具体的にどのようにしてローコストを実現しているのかについてお話します。

まず、ローコスト住宅は材料費を抑えています。
それは決して粗悪な材料を使っているという意味ではありません。

ではどのようにして材料費を抑えているのかというと、ローコスト住宅は住宅の間取りやデザインが規格化されていることが多いです。
それにより、同じ材料を使って複数の住宅を建てられるため、一度に同じ材料を大量に仕入れられるのです。

そして、一度に材料を大量に仕入れることにより、材料の単価が安くなります。
こうして、ローコスト住宅の材料費を抑えているのです。

また、ローコスト住宅の建築にかかる人件費も安く抑えられています。
こちらもどのようにして安くしているのかというと、先述の通りローコスト住宅は住宅の間取りやデザインが規格化されていることが多く、建築に高度なスキルが要求されません。
それにより、熟練度が高く人件費も高額になりがちな大工を使う必要がなく、人件費が安くてそれほどスキルが熟練していない大工でも対応できます。

また、ローコスト住宅を建築する業者は、広告費もかけていません。
多くは地域密着型の業者が担当しているので、大規模な広告を打ち出すことが少ないです。

そして、ローコスト住宅建築にかかるその他の諸経費もカットしています。
諸経費とは、例えば外構工事や電気水道工事のことです。

これらを外部の業者に外周するのではなく、自社で全て完結させることでコストを安く抑えています。
アクティブハウスも、全ての工程を自社で完結させています。

以上の要因により、ローコスト住宅の安さを実現しているのです。
決して抑えてはいけないコストを抑えているわけではございませんので、安心してローコスト住宅をご検討ください。

 

後悔しない注文住宅の建て方

後悔しない注文住宅の建て方

注文住宅は人生の中でも1番といっても良いほど大きな買い物なので、絶対に後悔したくないですよね。
そこで、後悔しない注文住宅を建てるためのポイントについてお話します。

まず、こだわりたい部分とそうでない部分を明確に分け、こだわりたい部分については妥協しないようにしましょう。
例えば、バストイレは最低限の設備が整っていれば良いが、キッチンにはこだわりたいという場合、キッチン施工へのコストはしっかりとかけるべきです。

ローコスト住宅でもオプションによって部分的にグレードを上げることができますから、こだわりたい部分とそうでない部分にメリハリをつけましょう。
例えば、アクティブハウスではこちらようなこだわりデザインのキッチンを作れます。

アクティブハウス キッチン

また、ローコスト住宅の最低グレードの標準仕様は把握しておくべきです。
注意しなければならないのは、カタログに載っている住宅の完成形は、オプションを加えてグレードが高くなっているものである可能性があるということ。

もしそのような場合、カタログに載っている住宅の完成度を目指すと、多くのオプション料金が発生して結局ローコストではなくなってしまう可能性があります。
ですから、あくまでローコスト住宅の最低グレードはこのくらいなのだという基準を把握して、そこから予算とも相談しつつどのくらいのグレードの住宅を目指すかを決めましょう。

そして非常に重要なのが、信頼できる業者に建築を依頼することです。
信頼度の低い業者に建築を依頼してしまった場合、用意できるといわれたはずの材料が急に用意できなくなったり、こちらの要望が住宅の完成形に全く反映されていなかったりする恐れがあります。
業者の方のお話をよく聞かれたうえで、「この業者なら安心して建築を任せられる」と思える業者に依頼しましょう。

 

愛知県、千葉県でローコスト住宅を建てるならアクティブハウス

愛知県、千葉県でローコスト注文住宅を建てるならアクティブハウス

もし愛知県、千葉県でローコスト住宅の建築を検討されている場合は、弊社アクティブハウスがお役に立てるかもしれません。
アクティブハウスもローコスト住宅の建築を可能としており、月々のコストは3万円台から承っております。
一般的な賃貸住宅の家賃よりも安価です。

アクティブハウスがなぜこれだけのローコストを実現できるのかというと、以下の4つの要因によります。

  • 全国ネットワークによりメーカー品を安く仕入れる
  • 多くの建築実績から抽出した無駄のないプラン
  • 打合せの効率化
  • 無駄のないワンストップ制で、まとめて対応

住宅の建築にかけるコストを抑えることで、あなたの資金計画にゆとりが生まれます。
それにより、あなたの人生をより豊かなものにできるでしょう。

また、ローコスト住宅でありながらデザインを数種類から選べたり、DIYによってより理想の家に近づけたりできます。
ローコスト住宅でも、あなたが満足できるようなおしゃれな家にすることは可能です。

もしご興味がございましたら、ぜひお気軽にアクティブハウスにお問い合わせください。

監修者情報

user

アクティブハウス

多くのプランから選べるリーズナブルな企画型住宅

建設業許可番号一般建設業許可 許可番号 国土交通大臣許可(特-1)第25561 号